ほぼイナイチ, Almost around Lake Inawashiro

来週はツールド猪苗代湖。地元なので、いつでも走れるでしょーと思ったため出走したことありません。今年はボランティアを申し込んでみた。

85kmと50kmコースの人は幸いなるかな、第二エイドのレイクサイド磐光にて私に会えるかもしれません。125kmの人は幸いなるかな、私と会わずに心穏やかに参加できると思います。

しかし、参加者が味わうであろう、喜び苦しみを知らずしてボランティアできるであろうか。との疑問が浮かんだ。

ロードバイク歴11年にもなるのに、実は猪苗代湖一周したことがない。北側の国道49号を知っているだけに交通量が多いだろうから走りたくなくて。

秋の気候のよい日は限られてます。本日、えいやと行ってきました。コースは自宅から行きやすいように、アレンジしたため0.9周の「ほぼイナイチ」なる、偽物ですがご容赦を。

———
引き続き私のゴーストの囁き期間中。坂に行くため、御霊櫃峠からのアプローチです。が、昨日のエクササイズの影響で臀筋が筋肉痛になってた。ゴーストの奴、理解してないんじゃないか。

風吹いてないから、好調。PB更新するの意気込みで上ったものの、6月より1分落ちでした。

雨の後のせいで、路面が小枝や落ち葉や栗だらけ。危険。

今日はすばらしいお天気。峠頂上。

初めての行程なので時間が読めません。さっさと猪苗代湖に下ります。

再び湖面が見えた。うつくしい。

6月にも寄ったパン屋さんの「こむぎ」へ。10時開店の10時半です。

お店に入ると残り4個しかありません。店主さんにお聞きすると、お天気のよい日は10時前からお客様が待ってて、お店を開けるとすぐに売れてしまうんだそーで。そしてお一人でやっているので、開店後に新しいパンが補充されるということもないそうです。

上りが遅い子にはこのようなペナルティが待っているのです。

湖東側の風景。うつくしい。

上戸浜まで進んでから、パンをいただきます。あんぱんとプチチョコ。

湖北側の風景。うつくしい。

その後、セブンイレブンでミニクリームパンを入手してから、サイクリングロードに進みます。

思ったよりも湖岸を走れない。湿地帯のようになってて、背の高い草が湖との間にあって、あんまり湖が見えないんですね。

サイクルステーション。中はがらんどうで何もない。

再び交通量の多い49号線に戻って遊覧船乗り場を過ぎて、レクリエーション公園の角を曲がります。交通量が減って、ホッとしました。

レクリエーション公園で、クリームパンをさらに補給もぐもぐ。目に付くところにベンチがなくて残念。

湖西側は各所に浜がありますが、全体としては静かな雰囲気。

ここでミニベロの方が。写真を撮るタイミングが交互なので、抜きつ抜かれつ。そして私が先行して小峠に入ります。

この峠はきつい。13%とガーミンさんが表示するではないですか。白猫号の名誉にかけて、ミニベロかつフラペの相手には負けられない! と気合で上りました。勝利。(そのモビルスーツの性能のおかけだ)

次の上りは金山。回避して294号を進む手もあるのですが、イナイチコースを紹介するblogには多く登場するので行ってみましょう。

後悔。怖い道でした。枯れ枝に、落ち葉に、落石、そして寂しい道。途中で止まってGoogleマップで確認してしまうくらいに怖い道。上りで心臓がバクバクしているのと同時に、不安でバクバクものでした。

「郡山市」の看板から先は、路面は綺麗になって、一安心。黄金色の稲穂、すなわち人里の気配が見えてようやく安堵しました。

南岸の風景。今日は一日中磐梯山は雲の中でした。

藩境の大松。松は枯れてしまったんだそうです。

コンクリートの路面を進んで、もひとつ坂を上り降りして、猪苗代湖とはお別れです。0.9周。なだらかですが、なかなか景色が進まない三森峠から帰路につきます。

一周55kmあるとの猪苗代湖ですが、本日の走行距離は110km。半分の行程はアプローチとエスケープになるわけです。そして、3週間前の岳温泉よりも獲得標高が低かったのが残念です。日の長い季節に布引高原と組み合わせる荒行をしてみたいものです。

110.0km, 1171m, 20.5km/h, 146/176bpm, 78 watt

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。