2009年振り返り ツール・ド・草津 篇

4月、最初のレースはツール・ド・草津でした。お天気は前日も当日も、春先とは思えないほどの暖かさ。殺生河原までのハーフコースに出走しました。
夜の温泉街を散歩しました。湯畑がライトアップされてて綺麗。
090418_1857~0001.jpg
温泉街をパレードランして、多くの観客から声援を受けられるのがこのレースの特色。皆さんに手を振ってみます。けれど、ここは思ったよりも難所。人数が多いものだから渋滞してしまって、ときどき足をつかなければなりません。そして終盤にはコース中最もきつい坂といわれる箇所が! この段階で息が切れ、周りで談笑している人々が羨ましかった。
スタートはよーいドンではなく、ゲートをくぐったらチップ計測が始まるというタイムトライアル方式。パレードランの後、スタート前に自転車を降りてじっくり息を整えることができます。さて、そろそろ走りましょうか。
・・・良く覚えてません。速い人たちはとっくにスタートしているし、白根山までのフルコースの人は最初から飛ばしたりはしませんから、抜かされたよりも抜かした人の数が多かったような気もするのですが。
思いがけず6位です。副賞のフルーツ盛り合わせときのこ詰め合わせが美味しかった。副賞は順位によって様々ですが、個人的には6位が一番良かったと思うのでした。
公式には距離は6kmですがGarminで計測したところ、4.67kmと、短かかった。心拍数が限界です。
4.67km, 283m, 12.3km/h, 179/185bpm

ますます重装備になります

冷え込みはきつくなかったのだけど、風が強い。天気は曇り気味だったのが、だんだんと晴れてきた。本日は、稲田湖を周回するコースへ。靴下の裏には足用のカイロを張って、手には温熱効果のあるクリームを塗って、先々週よりも重装備となりました。
冷え性で、すぐにしもやけになりやすい体質。周りの人に聞くと、「普通、大人はしもやけにならないよー」と言われてしまいます。さらに、冷え性克服のコツ、なんてものを読むと「有酸素運動をしなさい」などとあります。絶対に嘘だ・・・自転車に乗っても改善してないものー。そんなわけで冬の屋外は、結構辛い。
このコースは車はたまに走りますが、田舎ゆえに歩いている人がいないものだから、ちょっと寂しい道です。稲田湖、誰もいないー。
091227_1018~0003.jpg
冬は殺風景ですが、山茶花を見つけた。ここでベンチで一休みした後、ボトルを忘れて走り出してしまった! 1kmほど行ってから、気づいてまた戻りました。
091227_1032~0001.jpg
↓全然追い込んでない。Short Slow Distanceです。
49.0km, 416m, 18.7km/h, 124/164bpm

だんだんと重装備になります

夜中にゴーゴーとまるで台風のような風の音がして、自転車で走れるかどうか、心配しましたが、朝には少し風が収まったので出陣。今シーズン初めてシューズカバーを使いました。シューズカバーがあると、準備に3分は余計にかかります。履くの苦手だー。
往路は向かい風の中、時速20kmを割った苦しい戦いが続く。
県道29号は暖かい季節には、多くの自転車乗りさんとすれ違うのですが、本日はおひとかたのみ。みんな冬眠の季節かしら?
先週の予定だった御霊櫃峠の麓まで。どうやら峠にはまだ雪が降っていないので登ろうと思えば登れるのだけど、この寒い時期に登ったら凍死ものでは? と「サボる理由」を考えて、麓で引き返す。
モノトーンの空。水墨画のよう。
091213_0956~0001.jpg
天気予報に反してお昼ごろから晴れてきました。
091213_1147~0001.jpg
091213_1210~0001.jpg091213_1212~0001.jpg
本日のパンはベーカリー・バンビにて。11時半にハード系のパンの焼き上がりとなったところで、ピシピシとできたての音の鳴るパンを選んできました。美味しゅうございました。フランスパンにソーセージが入っているもの。カマンベールチーズとくるみのパン。それからつぶあんぱん。折角消費したカロリーをまたまたしっかり摂取してしまったみたい。体重増加が心配だなー。
56.0km, 377m, 20.5km/h, 132/172bpm

2009年振り返り 車でお出かけ篇

自転車を積める車に変えたのが1月。それまでは、2ドアクーペに乗っていたのだけど、自分のエンジンを鍛えることに興味が移ってしまったのです。これで遠出に困らなくなった1年でした。
3月 久慈川サイクリングロード 47km, 221m, 18.3km/h, 113/165bpm
090329_1332~0001.jpg
写真は棚倉城で咲いてた梅だったかな?
棚倉から矢祭までの全区間を往復しました。山に挟まれた川沿いを走る平坦コースで、箱庭的な美しさが素敵。並行する水郡線の列車と競争したくなりますが、当然、負け。往路は追い風で楽々だったのですが、帰りは向かい風でしんどかった。
8月 長峰山(長野県) 17km, 492m, 13.6km/h, 129/174bpm
090812_1057~0001.jpg
北アルプスの山々! とても素晴らしい眺めでした。でも、登りきるまではこの風景は見られません! お盆なのに、人もまばらで良いところでした。地元の料理だという、ニジマスの円揚げ(つぶらあげ)定食をいただいて大満足。
9月 渡良瀬遊水池 52km, 164m, 19.2km/h, 104/154bpm
関東平野で育った私は、平野を見ると心が落ち着きます。ヒルクライムを活動の中心とする「ふくふく29%」メンバーとしては失格ものの発言ー。群馬、埼玉、千葉、茨城の4県をちょっとずつ走りました。普段のコースとはまったく違った風景は楽しいものです。でも、ここで時速0kmで落車して、砂まみれになりました。
9月 磐梯吾妻スカイライン 53 km, 1031m, 18.4km/h, 133/173bpm
090926_1151~0002.jpg090926_1151~0001.jpg
日本のモン・ヴァントゥー。お手軽にツール・ド・フランスな気分になれます。有料道路ですが、自転車なら150円で走れる。紅葉シーズンより早かったので、比較的空いていて安全に走れました。綺麗な眺め。ややガスがかかっていたのが残念。土湯側から登ったのですが、次は逆の高湯側から登るコースに挑戦してみたい。

2009年振り返り ロングライド篇

師走です。1年を振り返ります。
今年は初めて100km越えの遠出に成功しました。走る人にとっては、どうということのない距離かもしれないけれど、私にとっては大きな挑戦だったのです。
一回目、7月 岳温泉 105km, 842m, 21.8km/h, 119/176bpm
道端にすべり止めの砂箱を見かけたら・・・確実にしんどい区間となります。足湯につかり、温泉まんじゅうを食べ、遊んだ一日でした。
二回目、9月 白河 南湖公園 113km, 606m, 21.5km/h, 128/168bpm
090913_1130~0001.jpg090913_1150~0001.jpg
比較的平坦なコース。道に迷いつつ、なんとか往復できた! 南湖公園で写真を撮ろうとしたら自転車が倒れてしまって目立つ傷ができてしまいました。おだんごを食べてきましたよー。
三回目、11月 あだたら高原スキー場 1?? km
091108_1255~0001.jpg
途中でGarminの電池が切れて距離が測れなかった。おそらく、一日の獲得標高記録を達成したはずなのだけれど、残念です。岳温泉の温泉街はかなりの勾配で、そこを抜けて山道に入ったすぐのところも、かなりきつめ。紅葉シーズンにはもう遅かったのだけど、ゴンドラの駅の周囲には家族連ればかりー。観光地に独りで行くのは寂しいものです。朝、霧が晴れなくて出発が遅れてしまったため、帰路は日没との戦いで心底焦ったのでした。
さて、、、傾向として
レースの次の週は無理をしたくなる
ようです。(9月と11月)