2011年 第25回ツール・ド・八ヶ岳 –まず、自分が頑張ろうね–

東北からの参加者は元々少ないレースです。私達チームは、がんばろう福島! のつもりで走ったのだけど、それ以前に自分自身が、がんばれてない結果。
昨年はハーフコースに参加しましたが、今年はフルコースです。
思ったより暖かい気候で風も吹いてなかったので、急遽半袖の「ふくふくジャージ」に着替えます。しかし、スタート直前には風が吹き始めて、歯がカタカタ鳴ってました。 <-寒さは苦手。
スタート地点。あの山の頂を目指すのかな?
110417_0844~0001.jpg
スタート直後に速い人たちはさっさと行ってしまって、寂しいこと。この脚力差はいかんともしがたい。マイペースで登りましょう。
地元の方達が応援してくれるなか、昨年より2kmあたり30秒遅れて登ります。フルコースのための体力温存計画なのですが、温存してるというよりは、いっぱいいっぱいというのが本当のところ。
ハーフゴール前の平坦で、話しかけてくるのは、栃木の「チームひぐち」の方。私がKUOTAに乗っていたので(KOMではないんだけどね)、ひとしきり、宇都宮ブリッツェンの話題で盛り上がるが、レース中に会話するものではありませんね。力尽きたので先に行ってもらいました。その後坂で再び追いつくのだけど、最終的には負けました・・・。 <- 伝え忘れましたがブリッツェンの柿沼さんと私は同郷なんですよ。
ハーフのゴール地点に来ました。あと10kmです。
しばらくは斜度もきつくなく、良い調子で走れたのですが、ふと気づくと・・・吐き気がしますー。胃が文句タラタラ言ってます。@o@)
ケイデンスが遅くて、呼吸が深すぎるのが原因ではないかと、後になってから思うのですが、どうにもなりません。だましだまし、足をつかないように進むだけで精一杯。つづら折れを見上げるとガードレールが無情にも上の方にしっかり見えてます。標高の表示と、残り距離の表示だけが、心の友。<- 25kmよりかなり短いと思うのだけど・・・
雪の壁がだんだん高くなってきました。すれ違う下りの方々が「あと少しだよ」と言ってくれるのだけど、その少しの遠いこと。
そんな中、少しだけ下りの区間があったりするけど、すぐに登りに切り替わるので、逆に恨めしい下りです。選手待機所を抜けてようやくゴール! ぴったり2時間を9秒超えてしまった・・・。ほぼ同時ゴールのTREK乗りの女子Aの方と、ちょっと言葉を交わしてから待機所に下ります。
この標識と、雪の壁を撮るのが、多分お約束
110417_1114~0001.jpg 110417_1116~0001.jpg
荷物引取り所に行ったら女子Bの1700番台の残り荷物が少ない・・。順位は推して知るべし。
鳥海山、Mt富士ヒルクライム、この八ヶ岳と、20kmを超えるようなレースはかならず後半に調子が悪くなります。持久力だめだめで、胃腸が弱い私ですが、改善できるかなぁ。
レースのみの記録 23.5km 1299m, 11.7km/h, 平均心拍170bpm程度か?(電池不足による誤動作のため測れず)

Rudy緑青事件と宇津峰山

目が悪いので、RudyのRydonとインナーグラスの組み合わせを愛用してます。コンタクトで走っていたときもあったのですが、砂埃で辛い目に遭ってしまって。
本日、自転車で出かけた先で休憩してたらそのインナーグラスのフレームに緑青が吹いているのを発見。ちゃんと洗ってなかったのか! <- 写真は自粛
宇津峰山で2回のリピートによる獲得標高は、たった226mです。
2.41km 10分08秒
デュラエースホイール(WH-7850-C24-CL)の恩恵で、最高記録となりました。追い風だったかもしれないけど、ほぼ30秒の短縮。ベスト体重から2kg増でこのタイムは、、、おデブさんクライマーの道が開けたかもしれません。
2回目は適当に流して。 <- こらこら
パン屋さん「森のともだち」で、 チーズフォンデュ(120円)を。フォカッチャ系の生地のパンです。
110410_1114~0001.jpg 110410_1115~0002.jpg
暖かい気候。春の花。
110410_1123~0001.jpg
東北線の踏み切りで、背後からクリートを拾う音が聞こえました。こっち方面でめずらしく自転車乗りさんに会いました。こんにちは、と挨拶して抜かされたので、ちょいと引いてもらおうか? とも思ったのですが、残念ながらすぐに道を違う方に行ってしまいました。 <- どのみち、ちぎられるので道が分かれて正解。。。
雑貨屋さんの「hunany」 に寄り道しました。地震のときに、陶器など少し割れてしまったとのことですが、店内は変わらずかわいいもの渋いもの、魅力的な品々がありました。今日は、リネンのクロスを買ってみた。刺繍をして、お弁当包みにしたいな。
110410_1542~0001.jpg
56.2km, 555m, 20.2km/h, 136/180bpm

地震後の初ライド 福島県中通りのようす

地震から二週間。我が家ではお皿が割れるなどしましたが、大きな被害はありません。実家に戻っている間、余震が心配でブレーカーを落としたために、給湯器が凍結破損するトラブルが一番大きかった。
ようやく自転車に乗ってみました。晴れ基調ではあるけれど、冬のような西風の強さ。にわか雪がときどき舞って、気温予想は5℃。
1. マスク
2. サングラス
3. インナーキャップ
4. ヘルメット
5. 耳あて
これだけの装備が耳の付近で干渉するため、この数字順に装着しないと、やり直しの憂き目に遭います。(^^;)
道の状態もわからないので、あまり遠くには行けない。浜尾遊水地までとした。
原発問題で騒がしい福島ですが、風景は相変わらず綺麗でした。放射線量や、水や、ほうれん草は気にしない方向で行きましょ。
110327_1148~0002.jpg
ときどきアスファルトがひび割れていて、片側相互通行の道が現われます。しばらくは道路事情も悪いので、注意して外出しないといけないでしょうね。浜尾遊水地では、水門のコンクリートと自転車道のアスファルトのつなぎ目に段差ができてしまって、三箇所ほど、自転車を降りないと超えられないところがありました。要注意です。
須賀川市 市民スポーツ会館は、避難所となっていました。建物からかなり離れているのだけど、川原の土手に犬小屋が2つあって、ワンちゃん達がいた。「南相馬市から避難してきました」との文字が。一緒に避難できて良かったね。
いつものひいきのパン屋さん、リアンが営業してました。まだ一度も食べたことのないアップルパイの入手に成功。パリパリの皮で美味しかった。
110327_1224~0001.jpg 110327_1329~0001.jpg
36.3km, 234m, 18.2km/h, 131/169bpm

西東西東 そして今日も西風

今日のコースは妙な感じになった。
岩瀬悠久の里を周回するために、まずは西へ向かう。けれど、悠久の里の林の中の下り坂にまだ雪が残っていた。ちょっと怖いので、周回するのはやめて知らない道に突入し、折り返して、稲田湖方面に出た。この先は、東へ向かうとまだ一度も行ったことのない農産物直売所があることは知っている。国道なので交通量が多いかも・・・? けれど、冬で比較的交通量の少ないこの季節でないと国道を通る気にもならないので、今日行ってみよう。
はたけんぼ、と言う。
110306_1141~0001.jpg
野菜が安い! と思っても、自転車の悲しさは買物ができないことです。地元の豆腐などなど、興味深いのだけど、結局あんまんを買うだけにしました。
110306_1136~0001.jpg
しかし、これを食べたからにはまっすぐ帰るわけにはいかない。(最近このパターンが多い~)
再び西へ向かう。
110306_1150~0001.jpg
そして当初の目的地の悠久の里の近くまで戻って、再び東へ折り返して自宅へ。今日のコースは、遠くに行かずに西東西東の往復でした。
57.6km, 325m, 21.6km/h, 138/177bpm

2011年走り初め 白鳥と雪

お正月の間、がっつり食べていたので、体重を計ると・・・とんでもないことになっていた。
1日は、実業団駅伝を生観戦してきました。2日と3日は、箱根駅伝をTVで見てましたが、そんなことをしてても痩せないので、走りに出かけた。御霊櫃峠の麓まで。
風が弱くて穏やかな日。でも寒いので耳あてとネックウォーマーの完全装備。途中で暑くなったので、ネックウォーマーを外して背中のポケットに入れてしばらく走ってたら、耳あてが外れてることに気づいた。途中で落としてしまったらしい。少し後戻りしたら、ちゃんと見つかりました。ほっとして、拾ってまた先へ進みます。
白鳥や鴨がたくさんいる、田んぼ。
110103_1025~0001.jpg
山に近づくにつれ、雪が増えてきました。空が青くてとても綺麗な風景でした。交通量も少なくて、お正月は良いですね。でも、明日から仕事です。
春の第一戦を決めました。
冬の間、寒いからと、体を動かさないでいるとすぐにレースの季節になってしまいます。
51.4km, 277m, 21.4km/h, 心拍計なし