鳥海山もつれない, Loveless Mt.Chokai

6/17の記録。2日目。俺たちの鳥海山ハイキング。ひとりですが。

道の駅象潟から、朝6時くらいの風景。素敵に光が差し込んでる。風車のシルエット。飛島。

昨日のブルーラインにかほ側をまた車で上ります。今日は風景が見えるので、途中で停まりながら。

鉾立よ、私は帰ってきた。ま、2日間出走の方々も帰ってくるんですけどね。

前に来た時、
http://f-eastwind.link/archives/156

Kharmaで記念撮影した場所。

Kharmaで来たのは2013年8月。雪がない。

鳥海山頂は往復7-8時間なので、それは敷居が高い。鳥海湖までの4時間コースを予定。出発5分後、いきなりちょっとだけだが斜面に雪。これ道なのか? とにかく空いているので誰にも聞けず恐る恐る進む。

滝が近い。絶景だ。

山形側の景色。海岸線がくっきり。

シラネアオイと教えてもらった。なんて美しい紫。

皆アイゼンもつけずに雪渓を上っていくのですが、安全第一でアイゼンをつけて雪渓を進む。振り返って鉾立駐車場と秋田側の風景。仁賀保高原の風車もよくみえた瞬間があったが、写真にうまく写ってないな。左側には渓流の音。

さらに下ってまた上る、また雪渓。ピンクの布帛が先端についた棒を頼りに進むのだけど、ふと気づくと、足跡がなくなった。と、後ろの人が大声でコース違うよと教えてくれました。つい直進してしまったのだけど、振り向いたら左に大きく曲がるところにピンクの布がひらりと、危うく迷うパターン。一応GPSのアプリのジオグラフィカを連れてきたんだけど。iPhoneのバッテリーの持ちが悪いのであんまり起動してなかった。登山とランの兼用になるガーミンとか欲しいなーとは思う。

ここから先は石の並んだ足場の良いところを上って御浜。鳥海湖は雲が立ち込めてて何にも見えず。

花を観賞するのみ。ここで地図を見るともう少し進んだところにピークがあるので、そこまで進む。御田ヶ原という場所。岩場の合間の花が綺麗。祠ポイントまで。すれ違ったご夫婦が、雲が晴れれば新山(鳥海山)が見えるよーと教えてくれたのですが、だんだんと雲が増えて今日もつれない鳥海山である。もうちょっと先とか考えずにここで引き返し。

帰りの雪渓前で先ほどのご夫婦と会う。アイゼンをつけながら、山は3戦目でこれは今日初めて使うものですからなどと話す。追い抜いて雪渓を戻る。霧が濃くなってきて相変わらず先導者はいないしで、一回来た道ではあるけれど、ちょっと不安である。どうも霧が濃いポイントとそうでないポイントがあるようだ。

土の道まで戻ってきたらひと安心。写真を撮ってた女性と5分くらい話しながら下る。鳥海山の天気とか、混むシーズンとか。今頃はそんなに混んでないらしい。山頂はまたの機会に行けるかな。

鉾立に戻る。最終下山のバイクが並んでる。積み込みを食堂でご飯を食べながら眺めてましたが、慎重に時間をかけながら毛布に包んでた。コースは長いし、このエントリー費で下山のサービスがあるのは充実だ。

鶴岡まで移動。山頂が見えた。お主もつれない奴よのう。

おまけはクラゲ。加茂水族館は撮影してもいいところでした。

山レコからコース図を拝借。最後から2個目の■で引き返してます。

限りなくホワイトに近いブルー 2018 第5回鳥海山ブルーラインヒルクライム にかほステージ, Almost white blue

6/16の記録。初参戦のブルーラインヒルクライムです。貧脚ですからにかほステージだけです。試走はしてません。

体重は48kgくらいか。先週の京都出張の余波が抜けず、蔵王前より太った。

朝5時半出発(しかし、あと1時間は遅くてもいいの備忘録)のために、4時45分に起きると仕事メールが、、、PDF資料に目を通し、、む、難し。サーバー不調でなかなか送信できず、5時8分。任務終了。もう眠っていいですか。(待て)

北北西に進路をとるのです。弱い雨は山形では回復。眠くなる病が出てきて寒河江で30分睡眠。結局到着早すぎになりそうなので、道の駅ふらっと鳥海でも寝る。

11時半くらいに到着。雲いき怪しい。ローラー台回してると、しっかりとした雨が降ってきたので、15分くらいで撤退。雨雲レーダーはオールクリア。いや、そもそも今日雨の予報ではないのですが。

荷物預けした帰りに時空の路HCのチャンピオンを見かけたので話かけて、集中力を削ぎにかかってみた。数少ない福島勢の力を削いでどうするのか、意味不明である。

寒いのと雨。アームカバーレッグカバーはなし。水を吸って重くなるだけかと思われ。

開会式は知り合いがいないと気まずい、早くスタートしてください。と移動場所の先導バイクの後をついて行ったら最前列。隣の女子と話して緊張を紛らわすが、このコース初めてなんですーと言ってた彼女が優勝者であった。

(追記)公式ページに写真がアップされたので、拝借。

スタート後の速さったら。さようならーと背中を見送る。

みゃーどさん解説のグワッと上がる坂で心臓が死んだ。身体に悪いよこのスポーツは。

右に曲がって高速の下をくぐって、左折手前で落車発生していた。ひやりとしながら通過。

この辺はまだ山ではないから所々で応援してもらえる。ありがとーと返事できたのは一箇所だけ。苦しいんでごめん。

交差点でラップを切る。見通しいい直線の平坦基調区間へ。回しましょうとは言わなかったんだけど、ちょうど脚の合う男子と3回くらい先頭交代できて助かったー。回しましょうってどうやって申し出るのか知りたいわ。単に言えばいいんだが。

再び登り始めて1合目表示。ラップを再び切る。その後は合目表示でラップを切ることにした。

森林の中を進む。アザミが綺麗。8月に遊佐側を走ったことがあるけれども、雰囲気は似てる。木から落ちる雨だれが葉を揺らして音がでるのが怖い。熊が出そうな雰囲気。

なんか親切にここから先400mは10%勾配だよ、とか標識がある。ふむふむ、、、400mもあるんかーと嘆きながら進む。これがそのうち800mだよ、900mだよ、1.4kmだよ(これは九十九折区間の表示だったかも)とか出てきて、親切なのか悪意なのかわかりません。

3合目から上は、1時間超える時間帯に入ってしまって気分が悪くなる病です。過去の教訓から言うと、気分が悪くなって出力が落ちると寒さの危険ががが、ファスナーを上げましょう。はい、寒さ心配してたわりに、暑かったので下げてました。

60分の段階で残り距離を見て、うーんこんなに早いはずない、90分台でゴールできるんじゃと思ったのだけど、ここからの勾配が結構きついのですな。亀の歩みです。霧雨で視界が悪いので前の人の背中が見づらい、佐渡HCの霧雨の中のひとり旅を思い出してきた。霧の中で道がどっちに曲がっているのかわからない中を走るのは辛いので、前の人について行きたい。

結局、最後1キロで見失ってしまったが、追いついた別の人発見。まだゴールにならないんですかねーなどと話しかけて抜かしたら、右コーナー後に唐突に勾配が緩くなって鉾立駐車場の標識。左折しての先の駐車場までの道の勾配が予想外にきつくて死にましたがゴールラインが見えて心底ホッとしました。

ヒルクライム達成後のご褒美は、あの世の風景です。限りなくホワイトに近いブルーライン。

下山バス、ありがたや。遊佐側から下ります。

別便のバイクも丁寧に包まれてて、寒い五合目で仕事してるスタッフには頭が下がります。

抽選当たった。にぎにぎボールとタオル。じゃんけん大会は負けに負けた。

体重「ひみつ」って。

うどん。少し食べてしまった。

参加賞。タオルの色は10色くらいのバリエーションの中から一色選べる。

現地でゼロ点校正を忘れたので、出力は偽りあるかも、こんなに高いわけがない。可もなく不可もなく、反省材料もなく。次のレース予定は空白。9月の暗黒お仕事期前の8月にチャンスがあるのか考え中です。矢島はパスしました。

1時間42分59秒(公式)
19.85km, 1165m, 11.5km/h, 168/176bpm, 132 watt

——
この日はまだまだ終わらない。

駐車場に戻って片付けしてたら、車のキーが見つからないことに気づいて、本日の最大心拍数を記録(したに違いない)。キーが近くにあればエンジンがかかるタイプではないので、差し込んで回さないと車は動かないわけです。途方に暮れた。日没時間近し。とりあえず、車中泊と登山のためのLEDランプあり、モバイルバッテリーあり、お宿をとってるわけでもなし、明日出走するわけでもなし、ひとまず街中だし最悪ここで夜を明かすのもやむなしと思ったところで助手席の足元のローラー台と席の間に落ちてたのを発見。

見事、砂利駐車場の最終退出者になりました。

道の駅象潟の無料入浴券を使ってお風呂。ちょうど日の入り時刻。日本海の夕日を見ながらのお風呂、感動した。贅沢だ。

夜ご飯にありつく。ごちそうさまでした。

12秒, It is only 12 seconds, but…

このところのゴーストの囁きとしては、自転車乗りたくないとのことで。(だがローラー台はよいと言うわがままっぷり)

しかし、来週土曜日は出社確定。日曜日疲れてダウンしたらもうブルーライン前にヒルクライム練習できないことに気づいたので、なんとか布団から這い出て自転車に乗る。そして5kmくらいで引き返したくなった。

御霊櫃峠今年初(というか、長めの上りは今年初)。無風の絶好のコンディション。暑くてボトルは2本持ちが重たいか。

バス停から林道入口までは好調(無風だから)。

ハンググライダーポイントまで19分ちょっと(希望は18分台)。

ゴールまで22分ちょっと(希望は21分台)。

昨年6月のタイムと比較すると平坦の貯金を上りで使い切り、最終的に12秒の遅れで残念。

ちょうどツツジの季節。うつくしきかな。

引き返したくなってたんですが、志田浜あたりまでサイクリングで行ってもいいだろうと、無謀にも猪苗代湖に下る。パン屋さんのkomugiの開店時間前。志田浜までひゅんと行って、安定のコンビニ補給。セブンイレブンはおにぎり100円セール中、だが「税抜149円未満」を「税込149円未満」と空目してたらしい。もっと高いのを買えばよかったの熟成しゃけおにぎり。

志田浜にはバイクラックが設置されていた。

猪苗代湖東岸、まったく風がないので波立っておらず。

布引高原側。

磐梯山と飯豊山側。

そしてバイク(エンジンのついてる)の方々、あちこちで一緒懸命風景と愛車を撮影してました。気持ちわかります。

帰路、komugi前に11時。パン残ってるかなーと恐る恐るドアを開けると、幸いにも残ってました。というわけでフォカッチャとクランベリーホワイトチョコパンを入手し、(ここは紙袋なので)背中ポケットに押し込みました。

いや、登坂前に食べるとアウトだろーと。

よろよろと100wくらいの出力でまた御霊櫃峠を上って帰る。途中で15名くらいの日大サイクリング部とすれ違い。そーいえば、同じ市内なのに会ったことない。挨拶するだけで息絶え絶え。上りでこんなにもたくさんの人に抜かれたらトラウマものなので、すれ違う時間帯でよかった。ほっ。

御霊櫃峠 52分43秒
76.7km, 1113m, 19.4km/h, 142/177bpm, 80 watt

ヒルクライム練習、、ではない, Training for downhill

去年の夏休みの乗鞍岳の頃から山登りしたくなってたんですね。で、2週間前に両親接待を考えたときのコース候補がこちら。(結局その時はボツでした)

https://www.yamareco.com/modules/yamainfo/rtinfo.php?rtid=4455

今日はこれに鉄山まで足を伸ばしたもの。
ヤマレコにぴったりしたコースが見つからない。

ガーミンフォアアスリートを連れてったので、距離は10.3km。消費カロリー350kcalとか言われてるんですが、いやそれ違うだろー。

出発点の奥岳登山口は自転車では来たことあるんだけど、車では初めて。

ロープウェイ(片道1000円、モンベル会員特典900円)で一気に8合目までワープ。そして山頂に到達後、鉄山に行って、そこから登山口まで徒歩で戻るので、ダウンヒル練習みたいなものでした。だめじゃん。

ザックとトレッキングポールとシューズは揃えたのに、自転車ジャージと適当なズボンで行ってしまった。ちゃんと山ガールの格好をすべきだと痛感。ガールではないとの指摘がこわい。

火山口が結構ワイルドなのにびっくり。これは蔵王の景観に負けてないな。先週見れなかったのを思い出して涙をこぼす。

帰りに大玉村の17cafe(いなかふぇ)に寄った。15時にこのボリュームを食べる、、、太る!

距離 10.3km

蔵王様はつれない, Loveless Zao

今年の自転車レースは蔵王ヒルクライムから。調整がいまいちでもレースには出たい。天気予報では厳寒暴風が予想されるので、持てる限りの真冬装備をバックパックに詰め込む。すなわち、冬インナー、冬ジャージ、冬ジャケット、冬タイツ、耳あて、インナーキャップ、冬グローブ、インナーグローブ、シューズカバー、カイロ4個、靴下用カイロ1組。

すっごく朝日が綺麗だけど、西の山側は虹がかかるようなパラパラ雨。

3時45分出発、高速を北上して現地には5時30分くらい? 本部のさらに奥の指定駐車場Bに入って初めて、コース積雪のため中止と教えてもらいました。残念。ホテルの駐車場の空いてるところに無理くり車を押し込んで、タグを返して参加賞をいただく。

車の場所が悪いので、長居できないのと、蔵王自主練するには路面も濡れてて、寒くてやだ。

この写真の2時間後。

この写真の場所に移動。

時空の路ヒルクライム。蔵王スタートが7時半にたいして、時空の路は9時半。なんと高速を使って2時間で移動すれば間に合うんですね。

この風、この肌触りこそレースよ! うらやましいー。

今年は宮城県に魂を売り渡した非県民の身ですから、自転車から蔵王ナンバーを取り去り、ジャージの安全ピンも外してから、ふらりーと会場をあるいてたら、yuniさんに見つけてもらいました。残念ながら去年の怪我からの復帰が遅れてて今回は見送り。では、旦那様のnocciさんを応援させていただきます。とコースに向かいます。

しかしすでにスタート30分前を切っているので、コース警備の方々にとっては完全に不審者。各箇所で「すみません応援で上ってます、スタート時刻になったら大人しく引っ込むのでー」と断り断り、ゼーハーと上って、結局給水所の少し上までしか上れなかった、、、

くやしー、もっと見晴らしのいいとこに行きたかった。

さあ、トップ集団。ピリピリしてていいね! 勝負を邪魔する空気を読まない応援でごめんよ。

今日はバスクの旗がないのが残念だが、皆に応援してるのは楽しいもんです。

基本、女子は絶対に応援します! でも女装の男子も現れるから「女の子じゃないでしょ!」と苛めてみました。最終ライダーの方は、ぜったいにゴールします、がんばりますと、決意表明してくれました。誰かに強制されないがんばりとはよいものである。

最終車両が去ったのでダムまで下った。

警備の方に止められてしまって、第一下山グループの最終につかせてもらって下山します。安定の中切れ。やたら速い男子チームに入れられて平坦とか無理だっ! だがしかし、子供達が手を振ってるので、選手のふりして振り返すなど。

戻って会場。ご夫婦でめでたく優勝のりゅーまぐペアに会えました。資料写真1でサドルの高さを解析せねばせねば、、、(やめなさい)

yuniさんおすすめのシフォンケーキを買うなど。そして那須ロングライドと八方ヶ原に誘われるなど。ほんと例年この季節にレースを決めてないので、プランを考えていただきありがたいことです。検討してみますー。

yuniさんに記念撮影してもらったんだけど、逆にサドルの高さを解析されそうな資料写真2。

チームMilanoの女性陣に鳥海山に誘われるなど、、、締め切り近いので迷ってる暇ないのかー。

去年に続き宮城のSSCCのAさんと同僚のMさんともおしゃべりさせていただき。ホームとアウェイ逆転現象って奴ですが、今回は私の敗北。

蔵王様はほんわかキャラの見かけに似合わずつれない。参加賞はこちら。

起床時体重 47.2kg (シティーマラソン時よりたった-0.6kg)
16km?, 294m, 18.6km/h, 心拍計誤作動, 108 watt