花粉症マスク、始めました, Hey fever season has started.

大変、くしゃみですよ。今年も来ました花粉の季節。仕方ないなーとSwansのマスクを引っ張りだしました。怪しすぎる格好です。

そしてなぜか朝には氷点下になってるー。寒いので出発が9時過ぎになってしまった。東京マラソンを見ちゃうと、午後から出かける気にならないから、マラソンは録画します。

御霊櫃峠に3月に行くことはなくて、、、なぜなら途中の道に雪のある確率が高いし、上まで行けないし。でも、今年は雪がないからどこまで行けるか探検に行こう。

林道入り口。雪ない!

ちょっと上ってみましょう。タイムトライアルはしないで、ゆっくりの手抜きです。

11分後。民家のあるヘアピンを曲がると、雪をかき集めたバリケード。

このくらい短いヒルクライムならいいのになー。右の壁が崩れていて轍があるので、だれか車が通った形跡があります。冬山の登山の人かなぁ、、猪苗代湖には抜けられないと思うのです。

毎年の田んぼの白鳥さん。まだ残ってた。この子たちはきっと寒がりでまだシベリアには戻りたくない派?

そして浅いのでプカプカ浮いてられなくて立ってる子多数。なんてかわいい。

さて、長い距離を走れる日は戻ってくるのでしょうか。


近藤史恵のスティグマータ、2月に文庫になったので読み始めました。まだ前半。

バイヨンヌはバスク大好きなのでいつか行ってみたい。ミッコのアパートメント、パリ16区の高級住宅地は雪の日にマルモッタン美術館に行ったのを思い出す。

プロローグステージのアントワープ、迷いに迷ってルーベンスの家に行けなかったのを思い出す。なんだか眠いんだパトラッシュ、の大聖堂もなつかしい。

白石(チカ)の身辺は事件起きすぎ。安心してレースにも出れないわー。人ごとに思う読者である。

50.9km, 332m, 21.1km/h, 129/172 bpm, 90 watt

太陽に嫌われて, The sun dislikes me.

朝から暖かい。2月の外乗りとかなかなか難しいのだけど、今日は7℃予想だったので外へ。シューズカバーと耳あてはちゃんと装着。

しかし安定の寝坊。三春を方面を選択。すっかり登坂ができなくなったと予想されるので、短い坂の連続でリハビリを。

出発時間が遅かったので、11時開店のまつパンにまず行く。店主(女性、かわいい)が「いつもありがとうございます!」とおっしゃるくださるが、一年に一回くらいしか行きません。実は女性ソロローディーが、取っ替え引っ替え通ってて、認識できてないってオチかもしれぬが。

風が強くて、もう帰りたいの12km地点でした。

が、気を取り直して滝桜を目指す。これまで坂を二箇所上ってきたが、さらに二箇所上らないといけないのだ。(短いのはカウントしてません)

三春のさくら湖のダムの上。冬なので誰もいない。ひゅるりー。この辺からなぜか太陽が雲に隠れて、寒くなってきた。予報と違うぞーと思うのだが、どうにもならぬ。

滝桜はメンテ中。オフシーズンに工事するしかないものね。

椿の花はまだ先かなー。

ウィンナーエピと黒糖くるみパン。まつパンのロゴの焼印がかわいい。

気温的には暖かいのだけど、曇りで体が冷えてきたので、速攻帰路へ。長い距離走れる日は戻ってくるのでしょうか、、、

安達太良山はうっすら雪。

42.8km, 449m, 18.3km/h, 77 watt, 心拍計誤作動

冬の無風は悪くない, The day with no wind.

今の部屋に住んで数年目になるのだが、南側は畑なのでてっきり日照には問題ないと思っていたのだけど、つい最近気付いた。冬は8時を過ぎるまでは南東の建物が日光を遮っている。

いつも朝に寝ぼけてて天気が悪いと思い込んでた。だからサボるーの言い訳をしてた。

本当は天気がいいのに、日が差していないだけ。

この三連休はお天気もよく、5℃ルール的にも問題なかったのに、それなのに自転車乗りたくねーの病。土日はランでいいわ、の怠惰な日々。(11kmと5kmだから、一応怠惰ではない)

本日もダラダラとして、ついカフェにモーニングを食べに行くなど。帰宅して11時過ぎにえいやと出動。コースは迷いに迷って、諏訪峠麓までのパトロール。

まあ冬季通行止めとわかって、登坂しなくていいもんねーの怠惰な動機。

冬なのにめずらしく風がなくて、サクサクと進む。気温も6℃くらいで、飛ばしても暑くならない。この温度、強度上げるにはいいかも。夏だと暑さにやられて元気がなくなるし。

日陰はシャーベットが残っているのでまたも用心。でも、今年は雪も少なくて暖冬。

BOSSのコーンポタージュを補給。おしるこ見つからず、次点のコンポタ。

隣にはいつものあったかそうな写真付きのコンポタ。おしゃれパッケージ路線のBOSSの勇気は賞賛に値するが、あったかそうな写真効果はあなどれん。今日は新しもんを試したくてBOSSにしたけど、お腹が減ってて仕方ない時は写真付きに手が伸びると思います。味の違い? わからないんです。

49.3km, 262m, 22.9km/h, 89 watt, 心拍計誤作動

5℃ルールはなんとか, Do not conflict with my 5C rule.

2018年まとめがあまりにも惨憺たる結果なのに、すでに登山で10km, 500mを達成。もう、自転車は引退かもしれん。

例年4日が仕事始めですが、今年はカレンダーの並びが微妙だったためお休みになりました。予想最高気温5℃。出かけるしかない。

と言っても遠くに行く気力なし。ひとまず北西に進路をとる。磐梯熱海の駅まで行こうかと。

晴れ予報でもピーカンシーマブにならない。うっすらと暗く。御霊櫃峠と安達太良山は雪雲の下にある。

西風に逆らいながら磐梯熱海駅。JAの物産館が駅近くにあった。前からあったかな? けど安定のローソン(元セーブオン)にて補給して、駅のホームの見える場所でくつろぐ。5℃はあるんだけど寒い。

そして足湯に移動。シューズカバーにサランラップに足裏カイロの重装備を脱ぎ去るのに、時間を要する。冬は嫌いだ!

足先が冷えきっているので、相対温度のせいで熱くて熱くてなかなか浸かれない。3分くらい浸けたり出したりを繰り返してなんとか浸かれた。

そしたら、旅の若者(東京から来て、新潟の燕まで行くんだそうで)に話しかけてる地元のご老人が足湯に浸かりながらおもむろにタバコを吸い始めて、煙来たる。

こいつはいかんと足も温まったので早々に退散する。

正月にますます増量したので減らさないと。なのに、距離稼げてません。

54.1km, 346m, 20.2km/h, 79 watt, 心拍計なし

新ルート開拓、そしてあと200m, Another 200m

11月はラン100km達成。でも自転車外乗り0kmの結果。

20min x 2の室内ローラーを頑張りすぎて、2年以上も前の手術跡から血とか膿とか。病院を予約しようにも、診察にこぎつけるまでに一ヶ月待ちが見えている。診察してもらっても、再度切れば良くなるわけでもないと踏んでイソジンゲルとお友達で過ごして来た。

ようやく痛みが弱くなった。白猫が拗ねる前に乗る。

南風だから南の白河へ。

小峰城に行くには、天栄村経由の西コース。
南湖公園に行くには矢吹、中島村経由の東コース。

白河の街の道が複雑で、上記の各往復コースしか行ったことがない。そこで、小峰城と南湖公園を結ぶ道を探すのが今日のミッション。ぐるりと回り込む道は幹線で交通量多いのは知ってる。中央突破を試みます。

ルートが見つかれば、ぐるっと輪になるコースが出来上がるのです。

さて。

91%残量表示のガーミンさんが出発5分後に、「お腹空いた」との表示。ああ、そうか充電してなかったからね。冬の風物詩の残量あるある詐欺に、また引っかかってしまった。

西コースでまずは小峰城へ。しばらく来てないうちに工事も終わって震災前の姿に戻った。なんて快晴の空。西には雲が出てきてるけど。

さて、旧市街の細い道をくねくねと南下して行く。なんか風情ある川に出た。

この後10%くらいの坂が出現。さすれば、ダンシングの練習。

南湖公園に迷わず着いた。

南湖神社。

明治風の建物。自転車でなければ寄りたい素敵なランプ・カフェ。

楽翁会館でお蕎麦(ああ、量が足りない)と昭和の香りあふれるカラースプレーチョコのクリーム団子(アイスクリームと団子)。

この辺のお店はいつの間にかバイクラックが常備されるようになっていた。先に一台止まっていたので、店内にローディーさんがいるのかと思ったらそんなことはない。謎。

南湖は水を抜いている感じ。那須の山が綺麗に見える。

東コースから帰る。ここでガーミンさん昇天。このコースの距離を測っておきたかったのに残念。

残り距離はGoogleマップで地道にクリックして自動計算してもらったのですが、驚愕の結果。100kmにあと200m足りない。もっと細かく地点をクリックしたら100kmになるのかも、、、再計測しにまた走りに行くことにしよ。

もう終わりかけの紅葉。童里夢公園。

先週登った宇津峰山。

サイクリングロード沿いにはリンゴの木が。リンゴ食べたいとお腹をすかせて帰るのでした。

今冬初おしるこ。幸せー。もちろん体重は減ってない。

計測区間 53.7km, 335m, 20.6km/h, 心拍計誤作動, 81 watt
手動での距離推定 99.8km