氷玉峠試走

四週間後の5月23日は、第七回「時空の路ヒルクライム」の予定です。桜がいまだ3分咲き程度の会津美里町に本日試走に行ってきました。軽く走るつもりが、やはり登り区間にさしかかると、本気になってしまいました。でも、タイムは納得行かない出来。
お天気良く、気温も頂上で11℃。たくさん自転車の方々にお会いしました。そんな中にママチャリを押して登っていた人が! 最近の自転車ブーム恐るべし?
路肩に雪が残ってます。
100425_1052~0001.jpg

飯豊連峰はまだまだ真っ白な雪に包まれてます。
100425_1059~0001.jpg
試走:14.3km, 596m, 15.3km/h, 157/182bpm
全体:35.0km, 827m

鍵事件

予想では最高気温18℃という、願ってもない気候。南風の予報なので南に向かってみました。
100320_1224~0001.jpg
目的地はここ。童里夢(どりーむ)公園という、暴走族系ですか、と問い質したくなる名前の公園です。小室哲哉氏寄贈のからくり時計がこちら。後述する鍵事件のおかげで、ちょうどお昼の12時に着きました。家族連ればかりの公園に異空間が出現です。やたら質の良いシンセサイザーの音楽と、西洋風の月と、太鼓を叩く人のからくりでした。
少し時間を遡ります。
姉さん、事件です。
コンビニに寄って、買物をする前に、自転車をワイヤーの鍵でフェンスに取り付けようとしていたのです。が、私、ここで急に3桁の数字を度忘れ。数字が合ってなくても、ロックだけはできるという変な仕組みだったために、外せなくなってしまったのです。
さて、その顛末は、親切な店員さんにペンチを借りて、ワイヤーを切ってなんとか脱出できました。
鍵の3桁の数字は、やっと思い出しました。老化現象???
本日も、「パンの木リアン」でおやつを買い込みました。八ヶ岳に向けてのダイエットは・・・成功しないかも。アップルカスタードとこしあんぱんです。
100320_1356~0002.jpg100320_1400~0001.jpg
80.7km, 454m, 21.3km/h, 127/201bpm (ありえない数字なので心拍計がちょっと変)

だんだんと重装備になります

夜中にゴーゴーとまるで台風のような風の音がして、自転車で走れるかどうか、心配しましたが、朝には少し風が収まったので出陣。今シーズン初めてシューズカバーを使いました。シューズカバーがあると、準備に3分は余計にかかります。履くの苦手だー。
往路は向かい風の中、時速20kmを割った苦しい戦いが続く。
県道29号は暖かい季節には、多くの自転車乗りさんとすれ違うのですが、本日はおひとかたのみ。みんな冬眠の季節かしら?
先週の予定だった御霊櫃峠の麓まで。どうやら峠にはまだ雪が降っていないので登ろうと思えば登れるのだけど、この寒い時期に登ったら凍死ものでは? と「サボる理由」を考えて、麓で引き返す。
モノトーンの空。水墨画のよう。
091213_0956~0001.jpg
天気予報に反してお昼ごろから晴れてきました。
091213_1147~0001.jpg
091213_1210~0001.jpg091213_1212~0001.jpg
本日のパンはベーカリー・バンビにて。11時半にハード系のパンの焼き上がりとなったところで、ピシピシとできたての音の鳴るパンを選んできました。美味しゅうございました。フランスパンにソーセージが入っているもの。カマンベールチーズとくるみのパン。それからつぶあんぱん。折角消費したカロリーをまたまたしっかり摂取してしまったみたい。体重増加が心配だなー。
56.0km, 377m, 20.5km/h, 132/172bpm

091206.jpg
風が強かった! そして綺麗な虹が見えました。 完璧アーチ型でした。でも、こんな日は西に向かうと恐ろしいことに。
向かい風と雨だもの。
路面が濡れてる上に、山に近づくと暗くなっていきます。御霊櫃峠の麓までいく予定だったけど、今日は交通量が少ないのでふと考えを変えて、さとうとバニラとに行ってみました。三森峠に向かう県道6号は路肩が狭いので、寂れたシーズンが走るチャンスかと。
ここでジェラートを食べるのは初めて。氷の粒が大きいのが特徴です。コーンとカップを選べる場合、自転車乗りとしては(いや、乗ってなくても)少しでもたくさん食べたい! ということでコーンを選ぶのですが、溶けるのが早くて焦った。こんな時は、カップの方が安心だなー。
しかも、道を教えていただいてたので、聞きながらなめなめ、というお行儀の悪さだったのです。写真撮れなかった・・・。
49.7km, 308m, 20.3km/h, ?bpm (心拍計電池切れで測定できず)