新しいカーボンホイール来ました, New carbon wheels and a practice of downhill

PAXPROJECTのホイールが来ました。

CL30W-BRT

白猫号のカラーに合わせてもらいました。この子、世界で一番かわいい!(親バカ)

ハブのロゴにも小技を。拡大表示推奨。

郡山のPAXさんは、畑でスポークを育てていることで有名ですが、梅雨時できっと収穫減だったんだと思います。

前18本、後ろ21本の体重管理に気をつけなさいね仕様にしてもらいました。

うれしーと小躍りして、御霊櫃峠に行きます。

麓で西風が強くなってきた段階で、TTやめじゃー。今日は下り練習にします。チューブレス or クリンチャーの仕様で、諸事情によりクリンチャー運用。明日の予定の那須ロングライドの下りが怖いので、カーボンで下って大丈夫かなと心配で仕方のないヒトなのです。

頂上に着きました。いつも駐車場は車でいっぱいなのに、今日はがらーん。

暑いのでウィンドブレーカーなしで下れます。とにかくブレーキは短時間で要所にだけがつっとかけて下ります。途中2回休んで、リムを触ってみたのですが、熱々には一度もならずでホッカイロ的な温かさで済んでます。日常使いには大丈夫そうです。

しかしながら、レースでもないファンライドで壊したくなーい。ロングライドの下りは、那須岳ヒルクライムとはコースが違うので一度も走ったことがないので、安全第一で、デュラ子さんに再度登場してもらいました。

実はタイヤなしで重量比較をしてなかったのでこの機会に。

フロントのみ

デュラ子 WH-7850-C24-CL
リムテープ付き

PAX子 CL30W-BRT
リムテープなしの運用

あら同じ。
乗り心地とか速くなったとか、そういうことを鈍感貧脚の人に聞いてはいけないお約束。

43.3km, 623m, 18.7km/h, 141/178bpm, 83 watt

去年と同じって素晴らしい, Same time as last year

タイトルに偽りあり。今日は東風だったので追い風だったかも、、、

時空の路一週間前は諏訪峠でタイム計測。絶対12分台を出すと(いつも思ってるけど)始めたのですが、目標地点が見えた段階で12分50秒。ああ、これ無理だー、からの無情な30秒が流れて結局13分台。去年からなんとか7秒早い。

体力落ちてないって解釈しちゃおう。時間短いので2本やらねば。しかし、疲れてしまって手を抜きました。

最初から雲が低かったのですが、この辺りで霧雨が降ってきて、うすら寒い。帰りまーす。

———
恐ろしいことに、今年もしこりを昨日発見してしまった。貧弱な体である。今年何時間何キロ乗ったんですか?(全然乗ってない)。もしかして自転車とは関係なく、体質なのかなぁ。

矢島カップの申し込みしたから、DNSしたくないし、病院は待ち時間ばっかりだし、ダウンタイムが一ヶ月なのか六ヶ月なのか計算できないから、手術受けたくない。

実は磐梯吾妻を走った頃からサドル周りが痛くてストレスなので、変えてみました。ちょっと重めですが、セライタリアのディーバGELフロー。初級者モデルにして、ロングセラーにて、めちゃくちゃ快適。これでシーズン中はしこりと共存しようと心を決める。

何年乗ってるから上級モデルとか、そういうのは測れるものではない。距離を乗れなくちゃ楽しくない。100km以上を走れるくらいには戻りたい。

3個比較
スペシャライズド ルビー
4年も付き合って感覚としては平気だったのに、しこりとの因果関係ありありだ(この子に乗ってから手術4回だもの)。穴あきだから中心部は問題ないけど、外縁部の圧力が強くて痛みがある。

フィジーク アリアンテVS
昨夏から使ってました。素材は柔らかめ。でも、溝だけでは、上り坂でしっかり踏みしめる時に、女子的には中心部が辛いことが多い。今回のしこりの容疑者ではある。

セライタリア ディーバGELフロー
中心部は大丈夫だし、外縁部も柔らかくて、ストレスなし。距離乗るには痛みなしが一番。重さは二の次ですね。

1本目 2.95km, 158m, 13.2km/h, 171/179bpm, 144watt
2本目 2.91km, 157m, 11.3km/h, 157/171bpm, 121watt
全体 50.8km, 549m, 19.6km/h, 137/179bpm, 77watt

ダダちゃんにそっくりシューズ, New shoes looks like Dada

貧脚でも贅沢はしてみたい。夏のボーナスの一部はDMTのシューズに化けました。R1のサイズ37。これより小さなサイズはないので、ぎりぎり。

DMT Webサイト
cyclowired 紹介記事

計量したら、前のスペシャのWoman’s Torch Roadより重いんですが、これはインソールを入れたためでした。慣れてないせいもあるけど、固さが気になります。まだ長距離を走ってないので、心配でスペシャのシューズは捨てることができません。


img_4593


img_4594

それはそーと。上から見るとダダに似すぎてて、怖いというほかありません。オレンジやイエローだとダダちゃん感が薄れるので、購入検討者はぜひ白を買ってほしい。

img_4522

Google 画像検索 ダダに飛びます
見かけは怖いんだけど、本編では弱々しいキャラとのこと。

白猫さまと2色のフレーム, White cat printed on bicolored flame

新しいフレームが来たのですけど、なかなか外乗りできず2週間経過。雪ばかり。

朝方雪が降ったけれども、午後には乾きそう。新しいフレームに合うように、作業開始。

ペリンとダリンな部品をピンク色に。昨年の赤城でいただいたものが日の目を見ました。

IMG_3736

バーテープは半年の命で赤から白に戻す。赤は綺麗だけど、新しいフレームにはちょっと強すぎてしまうので。

IMG_3737

変な隙間ができてしまって、焦りながら補修、補修、補修。あっという間に一時間経過。

西風が辛い。でも西に行く。だんだんと雪深くなってきた笹原川千本桜のとこで雪にさくっと刺して記念撮影。後から見たら、クランクの角度がおかしいとか、チェーンがインナーとか、細かいツッコミどころが多すぎ、、、

秋頃に知恵熱出ながら考えたのが、右から見たのと左から見たので色が違うデザインで、ぱっと見は白だけど裏側に色を入れました。自画自賛。うちの子が一番かわいい。

PAX PROJECT RR-SL。

こっちから見るとミントブルー。

IMG_3735

こっちから見るとピンク。

IMG_3757

そして猫さま。

IMG_3738

大事なことなので強調します。うちの子がいちば、、、(くどい!)

36.9km, 184m, 20.0km/h, 83 watt

新しい心拍計 Mio Linkを使ってみました, New heart rate wristband

手首バンド型の心拍計を買ってしまいました。
先週日曜日に、心拍数を測りたくなってガーミンさんの心拍計(ノーマルとプレミアムの2つを持ってます)を一所懸命復活させよーとしたのですが、なかなか。新品電池でも動きが安定しないのでとても困りました。
ノーマル型は、汗が入り込む形式ですので、ボタン電池が接する電極部にすぐに錆が出てしまうし、その錆が電池にも移るので液漏れの原因にもなりそうな、、、写真はおどろおどろしいので自重。
プレミアム型は、精密ドライバーを使わないと電池の取り替えができない。すぐに具合が悪くなるので、電池ひっくり返しの技を使うと、頻繁に蓋を開けることに。ねじを落としそう。
なぜか電池が3ヶ月持たない両者なのです。(寿命1000時間とか2年持つとか、そんな記述があったような?)
で、手首バンド型のMio Linkを購入。日曜日に調べ始めて火曜日にポチっと。Mio Veloの方が青い色が綺麗なのですけど、そんなに高機能なものは必要ないので。
白です。ランに使ってるForerunner410が黒なので、簡単に見分けがつくように。
IMG_2964.jpg
アプリのMio Goを入れてBluetoothでiPhoneからも設定できます。正直に生年月日を入れたら最高心拍数を179に設定された。最近測ってないのでわからないけど、見栄を張ってもすこし引き上げます。
IMG_2972.jpg
安静時心拍が60。ネズミの心臓と思って間違いない。
今のところ変な値や、検出ミスもなく快調です。やわらかい素材のバンドを手首につけるので、外したあとに、バンドのまるーいボツボツ穴の模様が手首につきます。(笑)
厚みもさほどではないので、アームカバーの下に入ります。日焼けの心配ご無用です。