今年は新鮮なコース 2017 郡山シティーマラソンに参加してきました, In fresh feeling

シーズン初めは郡山シティーマラソン。

今年から10マイル廃止、ハーフ新設で、そのハーフにいきなり2000人強もエントリーしてるから、一応の成功なのかも。コースの全容がわからないので、ちょっと新鮮な気持ちです。去年も10マイルコースを知らずに出走してるので実は、毎年新鮮さを味わってます。

でも、今ひとつだった点から書きまーす。

1. 太鼓の応援が受けられるのはハーフだけ。(10kmも去年までは太鼓応援があったのに、、、)

2. 給水所の水とポカリが混在してる。カップの柄での見分けるルールで始めたつもりが、現場で徹底されてなかったと見えます。掴んだカップがポカリばかりでしょんぼり。

3. 途中の経路でものすごーく狭いところがあって追い抜きがきつい。どーにもならないので、Mt富士HCに出たつもりで仏の心で走りましょ。

その他はつつがなく進行したのでよしとしましょう。

金曜日に会社にて、猫耳キャップで走りますと宣言して、その通りの姿で出走。例年、会社の同僚に見つけてもらえなくて写真がなかったのが、今年はスタートもゴールも見つけてもらってよかった。来年は会社参加者のために、公式目印として大量生産して配る計画を立てよーか。

もちろん、沿道の子供達にも「猫だー」って言ってもらって、うれしい。

風は南、あるいは南東方向で、強さもそれなり。西風よりはいい条件です。でも、風がつよいと息がくるしくなるんだけど、、、

お天気晴れ。気温は15℃-20℃くらい。快適です。

体重は4月としては過去最大級の重さ。

レースへの抱負。ハーフへの慣れとメンタル強化が狙いです。タイム? なにそれ美味しいの?

前回のハーフでも思ったのだけど、13km辺りから、疲れなのか集中力の乱れなのか、辛さがヒシヒシと。脇腹の水音ぽちゃぽちゃ現象が始まるうえに、朝食控えめのためお腹が減ってくる二重苦。来年は10kmに変更しよかな、とか考えてしまう辺り、まったくメンタル強化になってません。

帰り道では10kmコース走者と合流するので、ちょっとペースの速い人たちに揉まれながら、最後の5kmを走ることになります。ダレそうなひとり旅から変化があってよいと思います。街に戻ると、応援の人も増えてきて、気持ちも身体もヘロヘロですが、うれしいな。

結果総括。昨年秋の円谷幸吉マラソンよりも(公式グロスタイムで)1分少し、タイム更新しました。70秒っていうことは1kmでたった3秒短縮レベルなんですよねぇ。そして獲得標高が郡山の方が少ないので単純には比べられず。

2時間以上の運動に耐えられることを確認したから、矢島カップ(鳥海山)にエントリーしなきゃしなきゃ。今年は枝折峠は会社イベントの日程的に難しいので見送ります。スイカは鳥海山で食べますね。

郡山シティ(2017春)
ラップ10だけ7分台。ここには凶悪な上り坂が。

円谷幸吉(2016秋)

久々、筆者近影。

21.32km, 108m, 9.4km/h, 170/192 bpm(ランのときだけ最大心拍の取得が変なのかなぁ、、)

那須高原ハーフ&ファミリーマラソンに行ってきました, The final race of the year

ほんっとーに寒いのが苦手で4月の自転車レースには出ない誓っている身です。でもマラソンは寒い季節が多いですね、、、11月の那須高原のレースは微妙な時期。エントリー期間が延長されてたのを見て、、つい手が滑ってポチポチしてしまいました。ハーフは高低差が相当辛そうなので、10kmです。

天気は曇りでもこの季節としては暖か。レース時は7℃台です。朝も5℃程度で冷え込まず。

前夜は、お腹が壊れてないのにお腹が痛い謎現象(1年に数回あるなぁ)に襲われて、寝不足で出発。お腹が壊れてるわけではないから、走れるでしょう。

少し雪のある那須岳。

img_4886

事前の案内はハガキのみ。駐車場と受付までの距離や、荷物預けや更衣室があるのかどうかわからず、まずはハガキだけを持って受付に行ったら結構歩くのですでに疲れが、、、? ゼッケンを受け取って、一回駐車場に戻って取り付けて、パンフを読むと荷物預けも更衣室もある。ゴールのあと、すぐに着替えないと冷えるから、衣類一式を持って会場に取って返す。

初めてのレースって勝手がわからなくて難しいな。

ブラーゼンの車や、地元キャラのきゅーびーを眺めつつ。

img_4884

img_4883

今日の服装は上は自転車半袖ジャージにアームウォーマーです。荷物を預けてしまったら、寒いのでウィンドブレーカー2枚重ね、ネックウォーマー、手袋(参加賞をそのまま使いました)を装着し、スタート直前にウィンドブレーカーとネックウォーマーは脱いで、背中ポケットに入れました。

自転車ジヤージって、見かけるとついつい目が反応してしまいます。今日はミルラムのチームジャージ、懐かしいデザインを久々に見ました。

周辺を見てるとランニングシャツにランパンの硬派な方から、最後まで長袖のウィンドブレカーを着ながら走れる方など、皆、気温の耐性が強い。待機中は寒さに震え、走れば暑さにへとへとになる私とは大違いです。

スタート5分前からステージ上のおねーさんが意気高揚を試みて、大人な出走者たちはちゃんと言うことを聞いて動くのがおもしろく、、、一つ前のスタートの小学生は言うことを聞かず、なかなか体操をしてくれなくて、おねーさんがだいぶ困ってたから。

3、4列目に並んでたのですが、残念。ブラーゼンの選手を見ることができず。先導はハーフコースだけだったのかな。

走り始めてから、コースプロファイルを予習してなかったのを後悔。なぜかずーっと下りです。これだけ下ったらどこかで上りがあるってことです。そして街ではないので、コース管理の方と牛舎の牛さん達の応援を受けるばかりで、寂しい。でも、途中で私設エイドステーションを作って、お菓子を配ってた一家をみかけました。お子さん達が配ってて、微笑ましい光景です。

中盤の上り区間に入ったらとにかく暑いのでアームウォーマーは手首にまで動かしてしまって、ファスナーは下ろして少しでも涼しくなるように頑張りました。が、アームウォーマーが動かしたときに心拍計がずれてしまって、後半の心拍がまるで取れてませんでした。前半も、下り区間で199出るなど、やっぱりランだと誤作動の多いMioLinkです。

途中、6分30秒のラップタイムを見て、冷や冷や。1時間切りは難しいかも、、と少し弱気になります。

本日も猫耳仕様です。途中でカオナシさんに抜かされたので、「暑そうですねー」と話しかけたら、「仮装の人、少ないですねー」と返されました。確かに、今日は仮装してる人がいない。カオナシさん、あなただけしか見てません! カオナシは長い布を被ってるけど、手足の自由度は高いから、ランの仮装としては悪くない題材ですね。

後半は下り区間。ああ、助かったー。最後にほんの数十mの、10%越えの坂を登ってフィニッシュでした。途中腹痛を耐えるひと時がありましたが、無事に走れてひと安心です。コースの記録を比較すると須賀川の10kmよりは獲得標高が多いですね。ハーフは逆に須賀川より那須高原の方が獲得標高は多い、、、ので、やっぱり難しそうなコースです

クロワッサンとお味噌汁。食べ物が出て来る大会は好印象です。(初参加の人に、案内がわかりにくいのは改善してくださいとアンケートに書いときました)

帰る頃、ブラーゼンの選手たちがステージ上にいるのを見つけました。(すみません、よく知らないのでお名前もわかりません)

img_4882

参加賞は手袋と伸縮性のある布。(バンダナやネックウォーマーに使えるみたい) いろいろ使い道ありそうです。

img_4885

今年のレースは、これで終了です。予定がないのって一抹の寂しさを感じます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-17-54-57

59分46秒(公式)
10.16km, 86m, 10.2mk/h (心拍計御機嫌斜め)

2016 足利尊氏公マラソンに出てきました, loving the flat course

足利は、関東平野の縁。このコースの紹介を見ると高低差が少なくて、「平坦だから記録がでる」だそうです。

お泊まりレースです。実家に、ひとりで片付けることができなかった枝折峠HCのけんちん汁缶詰を土産として、宿を乞うた次第です。

友人宅に車を停めてさせてもらって、会場入りは8時15分くらい。すでに開会式は始まっていて、勝俣州和さんやご当地アイドル渡良瀬橋43が喋ったりしてたんですが、知らないんですが、、、

img_4820

荷物預け、お手洗いなどは人数が多くないのでスムーズでした。

初めての場所なので、飲食店ブースの場所を偵察。「登利平」ブース見つけた。今年赤城HCをパスしたので、どーしても食べたい!

トラックで1kmほどアップしてあとはサボりです。気温予想は19℃、ただし、西風が強くて復路が大変そうな予感です。

ハーフがスタートして15分後に10kmスタート。コースはよく知らないので、わくわく。足利駅に向かって南下します。ここは街中なのでそんなに風を感じません。左に曲がると追い風でよいペース。

なぜか、今日は猫耳してても猫ちゃん応援が足りない、仕方ないのでこちらからアピールして手を振ってみる。先手を打つと応援してもらえるので味をしめました。しかし体力が削ぎ取られます。

給水所備忘録:5km地点を少し過ぎて、最初の給水所。さらに1kmくらい先に私設給水所。8km地点くらいに第二給水所。暖かいので私設給水所だけはパスしたけど、二箇所でお水を取る。スポーツドリンクが手前、水が奥。表示はわかりやすくて○。(水派です)
 
復路は向かい風なので、前の人に引いてもらいたいのですが、なかなかペースが合いません。今日の私は、後半型?だんだん抜かせるようになって嬉しくて、抜いてたら全然風除けのペースメーカーさんが見つかりませんでした。八木節の応援は、足利の雰囲気があっていいね。小中高と運動会では必ず八木節を踊る時間があったなーと思い出します。

右に曲がると、向かい風終了。あと少しです。競技場直前で「猫ちゃん、にゃーん」と猫語で応援されてますます嬉しくなりました。

父、シャッターチャンスを逃して、横からの写真だけ。猫耳がはっきりしないから公開しても害にはなりませんね?

img_4829

トラックを3/4周してフィニッシュラインの形式は、初めてで、TVのマラソンみたいーと感激。あら? でもイン側は詰まってるからアウトから抜かさないといけない? と、いうわけで無事に完走です。10kmの記録更新です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-22-25-51

10.12km, 11m, 10.4km/h, 172/192bpm(今日も誤作動気味、、)

————
まだ、ハーフの選手達が来てないので、鳥めし(竹)、たくさんあった! 夜ご飯になりました。

img_4824

平坦コースですし、制限時間2時間40分もあるので、来年はハーフでもいいかも? と味をしめました。

ツールドとちぎの広報など。

img_4821

次は那須ブラーゼンも来るという、那須高原ハーフ&ファミリーマラソン(10km)です。

2016 第34回円谷幸吉メモリアルマラソン(ハーフ)に行ってきました, My first half marathon

初ハーフです。こわいよー。と言いつつ、7時間熟睡。朝の気温は4℃台。予想は20℃。気温差もかなりこわい。

昨年、10kmに出てみて、運営もスムーズですし近くなので気に入ったので今年は欲を出してハーフにエントリー。制限時間は2時間半。理論上は7分/kmで完走できるはずと言い聞かせてみます。

朝ごはんは、ジャムパン一つ、3時間前ルールで。

今年は牡丹園駐車場ではなくて横山公園近くの駐車場だったので、ちょっと距離が近くなってうれしい。会場でPanaoさんを見つけておしゃべりして、川沿いを一周だけアップして、さてスタートです。すっかり気温が上がって暑い。

先週の試走時に作った「隠密同心心得の掟」「貧脚ランナー心得の掟」。最初の11kmを6分15秒より遅いタイムで走る計画はもろくも敗れ去り、5分43秒で入る無謀っぷり。最後尾近くに並んだのに抜かされてばかりだと平常心が揺らぎます。そして、1kmもいかないのに横腹の水音ぽちゃぽちゃ現象が起きますが、2km地点くらいですぐに回復して無音になってやれやれ一安心。

3,4kmくらいで、早速、10分遅れスタートの10kmの選手達にびゅんびゅん抜かされます。フォームが全然違う。踵が高い位置まで上がってるから、ストライドがとても長いんだろーなとしばし鑑賞。10km招待選手の競歩の谷井選手(リオオリンピック、14位)も華麗な歩きで、抜かしていきます。生で競歩みたの初めてだ。ただただびっくり。(ハーフ距離の招待選手、競歩のリオ銅メダリストの荒井選手は、とっくに前を行ってて会えなかった)

6km地点から郊外の国道118号バイパスの道にでます。二車線区間の左側をマラソンで使って、パイロンを立てた右側は車。怖くはないけど気持ちは左側に寄ります。アスファルトに轍が掘れているため、あまり寄ると路面が斜めなのでちょうどいい場所を探します。

この区間は、長ーい上りと長ーい下りが交互に続きます。こんな長距離の上りは練習してません。脚の筋肉が張ってくるいやーな感覚。先の見通しがすごくよいので、えっまだまだあの勾配を越えていかなきゃいけないの? と心につらい区間でした。

バイパスの高架を降りてすぐが折り返しと思い込んでると数百mさらに走ってから折り返し。この辺でやっと半分とは、大変なことになりましたと心配してももう遅いわけですが、、、この辺から左膝が痛い。また高架に戻るのに上りです。

折り返していくらも行かないうちに、最終走者と管理車両とすれ違います。1,2kmの差か。怖いよー、とスピードアップしたくても、もう前半のような余力ある走りができなくていっぱいいっぱいです。ガーミンの1kmペースの数値に6分50秒台がちらほらと出現します。これに動揺しないようにメンタルトレーニングをした効果はあったみたいで、これは想定内のタイム、と言い聞かせて進みます。膝どころか左足裏が痛くなってきて、この辺はペースが落ちてる。

16km地点で時計を見ると11時13分。17km地点には関門があり、11時半までに通過しないと強制終了です。17分の猶予があるから、間に合うだろうとほっとしたところで、サディスティック趣味全開のコース現る。

バイパスから市街地に戻るルートは普通に来た道を戻るのではなく(交通をなるべく止めないように)ぐるりとループして国道118号の上にかかる橋を渡る構造。ガーミンのログでは瞬間値10%。半端なく辛い。給水所以外は絶対に歩かないことを誓っているのでとにかく我慢で、17km地点を通過。ほっ。

ここからの4kmは長かった。2km進むのが、諏訪峠一本と上りと同じくらいとして、二本分かぁ、気が遠くなるなぁなどと、助けにもならない考えが浮かんできます。さらに、お腹が減ってクークー鳴ってるのに気分が悪い謎の胃弱っぷり。でも、膝と足裏の痛さがなくなってきたのは幸いです。

こんなハーフの終盤で、ポツリポツリと現れる走者を応援してくれるのはありがたいことです。ゼッケン番号から名前を見つけて苗字で応援してくれて、それも2,3回ではなくて、あちこちで10回くらいだったかと、、、有名選手の気分ですねー。

そして別記事に書きますが、今回は帽子に猫耳をつけてみました。(当社比15gの重量化)

「猫ちゃんがんばれー」「うさぎさんがんばれー」「かわいいー」「猫ちゃん!(の後に、猫ちゃんでいいんだよね? との囁きあり)」と、子供からお年寄り、ボランティアの中高生、スタッフの方々から応援してもらってとても楽しかった。

もう帰り道の参加者たちにも応援をしてもらってやっとフィニッシュラインです。

計測システムが不調のため(?)、完走証とリザルトは後日とのこと。そして、遅い子だったのでなめこ汁コーナー撤収済みだった、、、お腹減ったー。

今日は表彰式も行わないということで、表彰台に乗った姿をPanaoさんに撮影してもらうなど。画像はアップする勇気なし。なんせ猫耳。

今日の参加賞などなど。

img_4766

—————
ここからが本日の本番。(え?)

このレースではハーフ完走者から抽選で3名に東京マラソン出走権が与えられます。須賀川市長、君原健二さん、荒井宇宙さんの3名が箱の中から選びます。ドキドキして待ちましたが、残念ながら外れ。一週間前から見てた夢から覚めました。

10km, 10マイル、ハーフと、数kmずつ距離を伸ばした今年です。10マイルも辛くて仕方なかったのですがさらにパワーアップした辛さです。充実感はとてもあるのですが、今後のレースの距離を選ぶのは迷うところです。

次は11月に足利尊氏公マラソン(10km)です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-16-29-55

21.2km, 165m, 9.3km/h, 173/187bpm

ハーフの練習と奇妙な心拍数, The mystery of heart rate

しこり関連の解決の見込みが立たないので、ランするぞ! 来週はいやおうなくハーフマラソンですが、まだ一度も21.1kmを走ったことがありません。

思い返すと10km出走のときは8kmくらいしか練習せず、16km出走のときは12kmくらいしか練習せず、、、

一度、試してみないと心配、と21.1km走る。一応、昨年のコースの印象では少しアップダウンがあるので、今日は新しいルートを開拓してアップダウンを追加しました。(単に道に迷いました)

詳細はこちら。自転車と比べて心拍数が高いのが奇妙な感じ。自転車ではこんなに上がらないのに、、、腕を振るからMio Linkに誤作動が起きてるのでしょうか。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-13-08-43

今日のお題。
「最初の11kmで、キロ6分15秒以下で走ったら許しません!」(結果、2つの区間で違反)
「最後の10kmは速く走ってもいいよー」(結果、6分40秒台の散々な数値 (先日のデータと間違えて解析してたので訂正)前半と大差ないラップタイム)

前半で飛ばしすぎず、後半で速く走る試みでしたが、体力温存しているとは言い難いですね イーブンペースでまあまあの結果ですね。

曇り空、涼しくて、湿度も十分で最適な気候、、、が、だんだん小雨になり、さらに土砂降り。シューズの中で足がふやけてきたー! 重たいし不快だし、、やれやれ。でも雨に気を取られるので横腹のぽちゃぽちゃ水音の不調から気がそらすことができて幸いでした。

21.1km, 273m, 9.4km/h, 173/199bpm(本当に?)