今年の目標は、1時間45-50分。実は、これは元々去年の目標タイムでしたが、実力からするとこんなものなのでは? 今年は真面目にウォームアップに時間を取りました。40分くらい。その後、会場に戻るとなぜかGarminの心拍計がうまく動きません。再スキャンすると、「複数の電波が入りますよ!」と警告されっぱなしで焦ります。少し他の人から離れて心拍計のON/OFFを繰り返して落ち着きました。6時55分なので…続きを読む “第7回Mt富士ヒルクライム 当日篇”

写真が皆無なのは、携帯を車に置き去りにして、軽量化を図ったからです。 体重が減ってません。去年より重い体と軽いホイールで乗り込みました。 20代と30代は同時スタートで20数名です。 ゲートを4番目にくぐってGarminのラップボタンを押したのに、なぜか距離がいつまでも0mなので焦りまくり。そもそも計測スタートボタンを押し忘れていたのでした。気づいて良かった。 と、やっているうちに、速い列車に抜か…続きを読む “第7回 時空の路ヒルクライム”

土曜日朝に外を見たら雪がドサドサ降っていて、心配になる展開。東北道も事故のため通行止めで、途中まで下道で行くことに。 が、その後は順調。お昼は佐久でこんな変わったお蕎麦をいただきました。 八千穂高原スキー場にて受付終了。15時頃からウォームアップ程度の試走。 ———– さて、レース当日です。スキー場の駐車場に車を停めて、スタート地点まで下ります。今回…続きを読む “ツール・ド・八ヶ岳 2010 に行ってきました”

浦島太郎記事の再開。裏磐梯スカイバレーヒルクライムです。 こちらは、2007年の第二回大会が私の初レースだった思い出深いものです。二年前のスタートの瞬間なんて、緊張のあまり吐き気がしたくらいでした。 で、2009年は余裕だったのか? そんなことはありません。しかし、最終尾ですがなんとか平坦区間の列車に乗れました。しかも去年よりも千切れる地点が伸びました。(結局千切れました) 女子のスタート順は、ア…続きを読む “2009年振り返り 裏磐梯スカイバレーヒルクライム 篇”

2010年も申し込みをしました。 すっかり浦島太郎記事ですね。 午後にはこんな風に雲がかかってしまいましたが、午前中は快晴の富士山でした。 ここには初参加です。 人ごみが苦手な私は、スタート地点の人口密度の高さにヨロヨロしながらちょっと外れたところで待っておりました。そんな訳で後方からのスタートとなります。 料金所手前の急坂から、えいやこらと追い抜きを始めますが、どうもこの辺ではオーバーペースだっ…続きを読む “2009年振り返り Mt富士ヒルクライム 篇”