2016 枝折峠ヒルクライムに初参加してきました #2, 2016 Shiori-toge hillclimb race #2

前日編はこちら

2016 枝折峠ヒルクライムに初参加してきました #1, 2016 Shiori-toge pass hillclimb race #1

朝です。朝食なしプランにしていただいて、イチゴジャムパンを2/3量で切り上げ。全部食べると死亡の予感。

宿の駐車場にてアップ。ゆるゆると。

7時45分くらいにスタート地点へ。荷物預けの場所で、Panaoさんと会ったのでスタートまでおしゃべり。日陰にいないとジリジリと消耗しそうな暑さです。

開会式はやりすごして、スタート招集時にやっと日向にでました。すでに暑い。

最後尾ですが、すぐにスタート。温泉街はおばあちゃんや子供達が応援してくれます。

最初は緩斜面。すこし水濡れ路面の第一スノーシェッドをくぐって、ちょっとだけ下り坂があったりしながら3kmほど進んで林の中のつづら折れに入ります。ここでラップボタンを押したのですが、実は試走の時はさらに500m位先でラップを切ったらしく、ペース表と実距離が合わなくなってました。第二スノーシェッドがなかなか現れない怪奇現象に見舞われ。それは、このあと10数分後のお話。

林の中から急に斜度が上がって、一気に辛くなります。群馬のβなチームジャージの女性が軽快にダンシングで上っているのを後ろから眺めて、もしやもしや? いっぱいいっぱいになりながら付いていって、お声掛けに成功しました。本日のお知り合い増やそうミッションを達成!

さてさて、それにしても先は長い。

試走の距離表からはそろそろ第二スノーシェッドなのに、なかなか現れなくて??? 前述の理由が真相ですが、いろいろ考えてしまいました。まさか、スノーシェッドを見落とすくらい、意識朦朧なの? とか。 この辺りから道端に自転車のトラブルか、乗り手が動けないのか、止まっている方々ががちらほらと、、、心配ですが、自分もとても辛い。

日当たりのよい区間で、だいぶ消耗してしまいました。給水ポイントが把握できないので困ったなーと。自分のボトルの水を500mごとに、後頭部から首にかけてパシャりとひとかけしながら進みます。背中ポケットの中にお札が入ってるけど命には代えられず。この段階では、すでにお水が飲めなくなってる胃弱っぷりです。

プラス、すべての給水ポイントでお水をとって体にかける。絶対にポカリと間違えたくないので、「水!」って言いながら。

次の二連スノーシェッドまでは3km。昨秋の試走タイムの16分台が、18分台に落ちた。試走より遅いなんて?

スノーシェッドの中だけは涼しい。出たくないのですが、進まないとゴールに行けない。ここからは斜度がまたきつくなる区間です。同じペースでずっと進んでる男子がいてくれて助かりました。ひとり旅はたいへんだ。

で、この辺りでお一方(男子)に抜かされて、今、何wattですかと質問を受ける。

95wattです。(二桁だとー!)

すこし先に進んで、値が変化した。

125wattです。(聞かれはしないが、名誉のために訂正する!)

見栄っ張りです。でも、体重によって違うと思うー。

G−32の先の道の広いところは要注意。疲れてるところに急勾配出現で、失速して足つき注意報です。で、覚えてたので気力振り絞ってダンシングして通過します。

残り距離表示標識が違ってて、、、なぜか実距離より長い。係の方が口で伝えてくれる距離と違ってるー。
で、残り900mですって伝えてくれたスタッフに、あと何回きつい上りがあるんですか? と思わず聞いたところ、900mです! と、再度同じ返事で笑った。知らないっか。

そこからは実際にはきつい上りはほとんどなくて、最後のゆるい区間に入ったと記憶してます。

ゴール。Panaoさんが写真撮ってくれた。ファスナーは上げましょうね。
タイムは不本意ですが、暑さの中、ゴールまで上れてよかった。

IMG_4570

1時間11分25秒, 13.2km, 752m, 11.2km/h, 174bpm/182bpm, 119 watt
試走より遅いのです。

スクリーンショット 2016-08-08 9.15.52

ラップ3,4の酷さ。ケイデンス50ですか、そーですか。

男子トップのほぼ2倍の時間。トップ選手は風が当たって涼しいのかもしれないと真剣に思う。

最初八色スイカが喉を通るかどうかとても心配していたのですが、休み休み、二切れ食べれた。そして、下山前には係の方がスイカが余って困ってて、食べて食べての攻勢がすごかったので、さらに一切れ。

IMG_4569

余は満足じゃ。

コース上の係の方にありがとーいいながら下ります。暑い日向で長時間レースを管理しててくれるので、ほんとうにありがたい。

下山したら、おにぎりときゅうりの漬物と豚汁とデザートのゼリーを堪能。これまた喉を通るか心配だったんですが、ほぼほぼ完食。魚沼産コシヒカリを堪能しました!

新潟のもえさんと、群馬の柳さんご夫妻と、すらいむさんにご挨拶などなど。私、ふくふくはチームジャージを持ってないので、またどこかでお会いするときは頑張って探しますね、、、

そしてちゃんとリザルト表を見ましょう、という教訓。ネコ科のお二方は表彰台でした。注意力なく大変な失礼を。次回はネコ会議に混ぜてもらいたい、、、

抽選会は、キリ番順位で当たらず。お宿に帰ります。

自転車を片付けてたら通りがかりのおねえさまが手に完走証を持っている。走ったんですかと、逆にあちらから聞かれて、ええそうなんですが、おねえさまもですか? と聞き返すと息子さんの完走証とのことでした。で、ひとしきりおしゃべりしてるうちに、宿の2階から昨日の工事のおにーさんが、何位だったの? と大声で尋ねる。

xx位です!

ご近所に響く声。下位です。すみませんすみません。

も一回、お宿の温泉をお借りしてから、帰路に。来年はどんなお天気になるのでしょうか。

—————————
ゆのたに手づくり村で会社用のお土産を確保。

そこから先で、来る途中にパン屋さんの表示を見た記憶が、、、ちょっと脇道へ逸れる。ブーランジェリー・シュシュ。

このおしゃれ感は、サンドパンはないかも。

IMG_4588

なかった。で、デニッシュ生地のお惣菜パン(とてもおしゃれな外見で美味しかった)とベーグルをお買い上げ。

さて、下道をのんびり走って弥彦神社で癒しの空気を吸ってからかえろー。

前回、岩室温泉側からアクセスしたのですが、今回は三条からアクセスしてみました。(途中に「みかづき」の店舗が入っているイオン県央店の傍を通ったとあとから気づく不手際っぷり)

大鳥居があってびっくり。赤城よりも大きい? 逆光の弥彦山を眺めながらしばし運転です。さて到着。

神社の深い緑に癒されます。社務所はもう閉まってる時間でした。

IMG_4586

摂社、末社の区域の緑も好き。

IMG_4587

阿賀野川SAで、いつもの安田ヨーグルトのアイスクリームを食べて新潟の旅は終わるのでした。

2016 枝折峠ヒルクライムに初参加してきました #1, 2016 Shiori-toge pass hillclimb race #1

2011年にエントリーしたのですが、崖崩れで中止になってしまった年でした。その後、なかなか行く機会がなかったのですが、今年は思い切って募集開始早々の時期に申し込みしました。

今年唯一のお泊まりレースです。

スイカとかお米とかおもてなしとか、、、どんな素敵なレースなんだろうと勝手に想像。

6月から体の諸事情で乗れなくなって、7月は峠を2回上っただけ。ローラー台稼働時間は月に1時間にも満たない状態です。ランとエクササイズに専念の日々。いっとき、DNSしようかとも思ったくらいですが、痛みがなくなってきてひと安心です。

前日土曜日は、途中経路の長岡でイタリアンといふ由緒正しき料理を味わう。

IMG_4547

違和感はないのに初体験の味。組み合わせの妙。

ストレートの太め焼きそば麺に、ミートソースあんかけ。コーンが乗っててB級感が素敵。主観では、子供の頃、給食に出たらうれしい感じの味です。
長岡拠点の「フレンド」。330円。(つくづく食費が安く済む)

ほかにも新潟に「みかづき」系列があるとのことですので、そちらは次回の旅の楽しみにとっておきます。

受付ですよ。暑いのでお宿にさくっと移動します。試走はしなーい。

IMG_4548

狭い路地を入ってくのでひやひや、、、。昭和な雰囲気のお宿。インフラには言及しませんがで、女将さんの応対がよくって、和む和む。散歩コースなど聞いて、ぶらりぶらりと歩く。

神社にあった石臼。歴史と風情あるオブジェ。苔が目にも涼やか。

IMG_4585

大湯温泉街はすてきに寂しい感じで、いいね。(いいの?)

IMG_4590

女将さんに聞いた足湯コーナー。ドクターフィッシュさんがいらっしゃる!

IMG_4554

足をいれるとわらわらと寄ってきて、角質を食べに来ます。がんばって栄養をつけるんだよ。私は数μgの軽量化の恩恵を得るから、君たちとはWin-Winの関係だ。

バカやってるうちに暑さにやられて疲れてきたので、宿に戻ってお風呂に入って、昼寝してました。

夕ご飯はこちら。(左下、茄子漬物だけ残して、完食)

IMG_4589

女将さんに聞くと、ヒルクライム参加者が予約を入れる時期には、すでに他の部屋はダム工事の方々のために決まってしまったらしく、自転車乗りは私のみ。

駐車場に車が少なかったのはそのような理由ですか。女将さんと話をしながら、夕食パクパク。

「明日のおにぎりは、スタートを見送ってから作り始めるんですよ。私も明日はお手伝いにいきます」
女将さんの握ったものが当たるといいな。

隣のテーブルの工事の方々とも、お天気やスイカの話をするなどして、楽しいご飯時間を過ごすのでした。なにかと気をかけてもらってしまって、旅はいいねーと改めて思うのでした。

続きます。

2016 第13回時空の路ヒルクライムに出てきました, No step forward and no step backward

いつも朝が弱く、、、

アラームを4つも仕込んで、4:20起床できました。6時入り。駐車場は中学校。アスファルトではないけど、ローラー台は置けそうな砂利なのでここでもいいんじゃないかな。でも、結局お天気が良かったので、ローラー台は出さずに実走アップ。

IMG_4217

受付に行ったらyuniさんにお会いします。はい、寝坊しないで来れたので出走できそうです。

各種参加賞を抱えて車に戻ります。時間があり余って退屈なものですから、帰宅するまで開いてはいけない玉手箱(焼物)の箱を開くと黒のご飯茶碗、素敵に地味。

IMG_4234

7時半まで寝て、(そして説明書きを読んでないものだから、ヘルメットにステッカーを貼り忘れて、こともあろうに預け荷物のタグに貼るミスをするなど)そこから実走でのアップ。一旦預け荷物を取りに戻ってから、4月の試走のときに頂上でお会いした方と、またまた偶然会うなど。8時半に預け。ちょっと暇なので再び実走。

会場に戻ってyuniさんご夫妻や、カヲリさんや、Panaoさんなどとお会いして、ご挨拶。例のごとく開会式の間、おしゃべりしながらーで気が紛れましたー。

そして、お腹が空いてきました。先月のマラソンで気分が悪くなったのは食べた量が多すぎるからだ、と考えてちょっと減らしてみました。

結局上ってる最中は気分悪かったけれどもー。減らしても一緒かっ。(^^;)

平坦区間でカヲリさんとyuniさんはすぐに見えなくなり、、、いつもの一人旅です。我慢して右折したあたりで女子5人くらいのパック。しばらく引いてもらってから前に出て、でも、そこからはやっぱり一人旅。

栃沢の急坂はいつも耐えられなくてダンシングするのですが、もしやシッティングの方が速いのでは、との仮説でシッティングで乗り切りました。でも、仮説の正誤は謎。

ステムに貼り付けた距離と時間の目安と、現在のラップタイムを見比べてたら、、、ガーミンさんAuto Pauseは2回発動。時間ずれてしまう!

だんだんと酸素が足りなくなると、闘争的になってくるみたいです。見通しのいいところで、前に見える方々に対して、「みんな2分以内に抜いてみせる」と不遜な心持ちになる貧脚です。

ところどころで、応援の人がいるのがうれしい。勾配のきついところでは息も絶え絶えで、苦しいから反応返せないんだけどうれしい。これ、、、似てる。胃の検査中に、看護師さんがやさしく背中をさすってくれてると辛さが紛れる感覚(35歳以上でないとわかってもらえない?)。ほんとーにありがたいなーと。

下りで頑張ってアウターに入れてゴール。そして待機場所で、しんごろう、カチカチに凍ってるじゅうねんアイスで、幸せをかみしめます。

ゆるキャラの「しもごろー」と。こういうサービス、着ぐるみ好きには至福のひととき! 来年も来てくれるよね! 僕と君だけの約束だよ! (あ、約束し忘れた)

IMG_4233

下山はPanaoさんとおしゃべりさせていただき、退屈せず戻ってこれました。リザルト見てたら、yuniさん初入賞の6位です。blogですごーくトレーニングしているし絶対に速くなってると思ってました。ほんとによかった!

帰りにふらりとカフェKに。磐梯山の眺めがとてもいいところです。

IMG_4227

IMG_4230

そして、10位コレクターの記念写真。進歩も退歩もなく、、、

IMG_4240

Garminのログ。お約束のAuto Pauseを食らったので、実際とはちょっと違う。

13.6km, 580m, 15.9km/h, 175/181bpm, 134 watt

2015 第5回 赤城山ヒルクライム、あれやこれや, A lot of incidents

土曜日、高速運転しているうちに、眠くて死んじゃうモードに入ってしまい、矢板北でバッタリ。

北関東道経由、グンマー国境には、ぐんまちゃんのイラスト付き標識が。

13時半くらいに受付して、Panaoさんを見つけて、世間話など。ドローンが空を飛んでる。以前にちいさな趣味レベルのドローンを知り合いが見せてくれたことがあったんだけど、この大会で使うドローンは立派だなーと眺めていたのが、まだ平和な土曜日。

ころとん、耳がパタパタと動くのが猫っぽい。豚もパタパタ動くのですか?

IMG_3359

こんなピンクの子をいただきました。P社の「ペリンとダリンと一緒に仲良くモニターシステム」(仮名)のブースで。

IMG_3355

右足(ペリン)の効率と左足(ダリン)の効率が全然違うねーと担当の方に言われる。ダリンが強すぎて、ペリンの引き足ダメダメ。すっかりカウンセリングを受けてるに等しい状態で、長時間占有。楽しかった。そして、最後のピンクをいただきました。

———
一旦、グンマーからは出国して、隣県にて一泊の無料のお宿。

朝は桐生や笠懸辺りまで全く雨の気配がなかったのに、前橋まで進んだら結構な降りです。でも止む予定とのこと。今年も附属中学校駐車場で、近くて助かりました。

雨でうすら寒いので建物の中にいたら、こんなに人数いるのに赤面山以来のyuniさんに見つけていただきました。お友達のまりさんも紹介していただきましてありがとうございます。

エキスパートクラス、B、Cグループと見送って、そろそろHグループの場所に向かおうかなーと思ったら、ドローン墜落。びっくり! 人身事故にならず、中止にならなくてよかった。赤城の神様の配慮ですね?

8分遅れのスタート。沿道の地元の方々の応援がうれしい。だいたいが、女性がんばれー、とかおねーちゃんがんばれーと言われるので、ただただ単純にうれしくなります。

——-
去年のペースをステムに貼り付けていますが、少し早めに進むことができてます。雨で暑くないから調子がいいのかなーと各区間、去年比で早いタイムで進んでいけます。

第一コーナーの手前。抜いた方のさらに隣のyuniさんが落車してしまって、、、もしや原因を作ってしまったかもと、心がひっかかります。なのですが、息が苦しくて止まれなくて、ごめんなさいと思いながら先に進みます。

去年の弱いところは姫百合駐車場より上の区間です。明らかにパワーと心拍数が落ちてるので、今年はここで落ち込まないことを目標としました。

落ち込む理由は、「気分が悪くなる」からでした。はい、今年も残り3,4kmから、吐き気との戦いでつらくて。(結局だめー)

キクミミさんがヘアピンコーナーでネギを振りながら応援してくれてる。

最終コーナーに近くなると沿道の人も増えてきて、「あともう少し」って言ってくれる。下山の人も、すれ違いに声をかけてくれる。

やっとこゴール! でも、気分が悪いので人のいるところに長居したくなくて、ウィンドブレーカーを取り出さずに足もつかずに大沼まで下りたのがこの後の不調の元。

IMG_3357

曽山商店で500円券でお買い物をして、わざわざ(しかも長時間)待っててくれたPanaoさんにお茶をいれさせてしまうなど。

このお饅頭を入手しようと、ゴールまでがんばりました。(?)

IMG_3358

その後は、気温が寒くもないのですが、低体温症の震え。預け荷物が濡れてたので着替えても無意味と思って、バス下山を選びました。皆様には心配かけちゃってすみませんでした。

係の人にアルミの保温シートをもらって、体に巻きつけて一時間待ち。だんだんと待機場所は寂しくなってきます。

IMG_3356

雨の(でも決してひどく寒いわけでもなかった)佐渡HCでもこんな風に低体温症になったなぁ、、、(でも自力下山したっけ)と思い出したりして。

バスで熟睡しているうちに畜産試験場で目を覚ましました。スタート地点に戻ってカルマさんを待ちます。機材回収車はトラック10台もあって、充実の大会です。私ひとりくらい体調不良になっても、きちんと親切に積んで運んでもらえました。
———

3年前に寄った柚子の木  http://park.geocities.jp/yuzunokisob/ に再度行ってみた。
胃がだめで前回はもり蕎麦しか食べれなかったのですが、今回は海老と野菜天ぷらがついたお蕎麦をいただきました。

IMG_3354

タイルの貼ったテーブル、泡の入ったガラスの照明、インテリアも素敵ですし、植物がたくさんのエクステリアも素敵。七味唐辛子と岩塩の入った磁器はテーブルごとに模様が違うのに、統一感があります。そして柚子の形の箸置き、かわいい。

途中から私一人の貸切になったので、観察してばかり、、、変わらずおしゃれなお店でした。

会計の際に、店主が「もしかして赤城を上ってきたの?」と。ちゃんと普段着ですけど、単に車内に積んだカルマさんが見つかっただけ。

それでしばらく自転車についてお話ししたりして、、、ハルヒルはどーですか? とお誘いを受けたり。でも時空の路が好きなので、、、

たくさんの出来事があった2日間が終わってしまった、、、なんか名残惜しい感じですが、大きな中秋の名月を見ながら帰宅。

20.4km, 11.5km/h, 1266m, 128 watt, 173/179bpm

裏磐梯へとうもろこしをいただきに行く, - 2015 Urabandai Skyvalley Hillclimb race –

とうもろこし欲しさに、裏磐梯スカイバレーヒルクライムに行ってきました。

前日のアウター縛りトラブルは、サクッと修理していただきまして、きちんとインナーに落ちるようになりました。

裏磐梯のコースは前半は平坦なので、アウターも使いますけど、インナーがないとDNF確実。インナーさまさま、ありがたいことです。

磐梯山の写真はお約束。

IMG_3266

IMG_3265

春に氷玉峠のレースをサボってしまったので、綺麗どころ&強豪な女性の皆様にやっと今年初のご挨拶。あ、スタート前にすでに心拍が120くらいに上がってしまってるー。

平坦、列車に乗れずにただ辛い。女子最後尾からスタートした日向涼子さんに声をかけてもらいます。速い!

早稲沢からの上り、ほんの少し上っただけで、涎もぬぐえない辛さ。ゴールまでお水も飲めず、涎もぬぐえない、、、(写真の出来は諦めましょう)ってほど、今回もゼーハーな状況でした。

速度が遅いせいか、時々、ガーミンさんがオートポーズします。正確な時間が測れないよ。

七曲の景色、見る余裕なし。ゴール1kmを切ったところで女性をお一方抜いたので、そこから急に必死に。170台の心拍が180に上がりました。

さて、手元時間では59分台だったのですが、オートポーズ込みでしたから、結局1時間切れなくてがっかり、、、こんなに苦しくて赤城は上れるのかなぁ。

曇ってきました。

IMG_3267

頂上にはバナナとパンがたくさんあります。ごほうびだよね。食べちゃいます。ほんとは胃がご機嫌斜めでしたが、無視を決め込みます。朝ごはん、4時間前ルールの運用でいいと思ったんだけど、、、。

慎ましやかに、一袋(4個)いただきます。

IMG_3268

日向涼子さんがすぐ近くにいたので、一緒に写真を撮ってもらいました。片手にパンを握りしめて写真を撮ってもらう私です。改めて見直すと背、高いなー。ヒルクライム後に髪も乱れてなくて、なぜなのー。モデルさんだからですね!

下山時に、Panaoさんを捕まえて話し相手に強制的になっていただきました。赤城ではとっとと下山したほうがいいよね、などと役にも立たない話ですみません。また2週間後に。

——
本日の主目的、とうもろこし。新鮮なうちに茹でて冷凍保存してね。(これは帰宅後のおつとめ!)

IMG_3269

カヲリさんの水玉シュシュのご利益に預かろうと、しっかり持ってきたのに、車の中で行方不明になってしまって装着できず。最後に、撤収する頃にひょいと出てきたんだけどね、、、もー。

ガーミンさんオートポース現象により、正確じゃない、、、。
14.73km, 14.8km/h, 608m, 138 watt, 170/180bpm