2016年に初めて参加して、3年ぶり2度目。しかし、2016年レースは2015年秋に試走したタイムより遅く、納得のいかない出来だった。どちらもKharmaで機材は一緒。 (ではなく、試走はKharmaで、レースはPAX白猫号だった。いつの間にか3年半乗ってたらしい。先日やっとオーバーホールしたばかりでござる。)ペース表の準備は万端。 枝折峠よ、私は帰ってきた。 推定体重48kg。前夜の温泉で計測し…続きを読む “2019 枝折峠ヒルクライム レース編 過去の自分と勝負, Compete with myself”

例年のごとく、5月3週は各地でヒルクライムレース。7000円で出られるはずの蔵王を蹴り、6500円の時空の路へ戻って来た。手計測の車坂も捨てがたいが、長野まではやっぱり遠い(体力ない)。 起床時体重48.8kg。金曜日まではよい感じの48.0kgを保てたのに、おそるべし浮腫みの力。おそるべし仕事上のやむを得ぬイベント。飲まない自制心を保てればいいだけです、ほんと。 しかも朝方、寝坊の夢を見るなど。…続きを読む “2019 時空の路ヒルクライムに戻って来ました、そして10位コレクターの行方, 10th collector’s destination”

4/13(土)前日受付のため10時出発。この時点ではまさかハーフ短縮とは思いもせず。除雪も完了でしょうとの予想。 その前日金曜日は部署でお食事会。スパークリングワイン一杯だけのアルコール摂取で我慢。これを我慢というのかどうかは? レース時推定体重48.5kg。これ、8年前、9年前より3kg重いレベル。3月の大子マラソンとなんら変わらない。 北関東道と上信越道が通って、ほんと便利。子供の頃何度も旅行…続きを読む “2019 ツール・ド・八ヶ岳、あるいは足の遅い草食動物, The slow-footed herbivore.”

今年最終のHC。3戦目で最終です。少なっ。 今年は、日本の蔵王ヒルクライムエコ(中止)、鳥海山ブルーラインにかほステージ、八方ヶ原と、意識高く(深く考えず、そして身の程を知らず)平均勾配の大きなレースに挑んでみた。 参加者のレベルも高く、どちらも予想タイムより遅いという結果。だが、全てのレースは旅として楽しい。 9月は出張が多くて、こんな時の資料作成は自分一人では完結せずスケジュールが読みづらい。…続きを読む “何しに新潟へ? 2018 新潟ヒルクライム, The purpose of the trip”

初の栃木でのレースです。 日本のラルプ・デュエズと検索すると車坂峠がヒットしてしまう、から栃木のラルプ・デュエズなのですね。車坂峠平均勾配8.3%に対して、八方ヶ原は7.1%なのでそこはスケールダウンなのでしょうか。ただ、距離は八方ヶ原の方が長いですね。 所要時間は当社比ほぼ同じなので、甲乙つけ難し。 起床体重計り忘れですが、47kg後半、ほぼ48kgでは。重たいぞ、こりゃ。5時間前から断続的にミ…続きを読む “栃木のレースに初めて出た 2018 やいた八方ヶ原ヒルクライム, My first participation race held in Tochigi”