佐渡に行ってきました, One day trip to Sadogashima

春頃から輪行したい病に罹りました。えいやと決断して、電車ではなくて船。佐渡へ。
過去2回行ってみたんですけど、、、

第2回佐渡ヒルクライム(2010)
http://2933tofu.seesaa.net/article/164903712.html

第1回佐渡ヒルクライム(2009)
http://2933tofu.seesaa.net/article/160840344.html

沿岸部をぐるりと廻ったことがない。今回、佐渡ロングライド130kmのコースを両津港発着の時計回りで真似してみました。
平野部を横切る部分は別コースを選んだので、121kmくらいの距離。Googleマップで予習したのですが、広域農道がよくわからなかった、、、

しかも日帰り計画。一応、不測の事態があったら泊まることは覚悟、、、
新潟港の朝一のジェットフォイル。なんと満席(往路のみネットで予約しました)。しかしこの段階で、カルマさんの重量で腕プルプルです。駐車場から船乗り場までは遠いー。自転車は輪行すると510円加算です。

IMG_3002.jpg

IMG_3077.jpg

一時間で両津港に到着。再度、腕をプルプルさせながら、カルマさんを持ってコインロッカー前に移動。輪行と白いバーテープは相性が悪い。手が汚れてバーテープも汚れる、、、と嘆きつつ組み立てして両津港を9:30に出発です。

IMG_3078.jpg

走り始めてすぐに、お日さま眩しいなぁ、、、あ、日焼け止めを塗り忘れてる。荷物はすでにコインロッカーの中。1.2km先のセーブオン(佐渡にはセーブオンしかないんだよね)で日焼け止めを確保。荷物増えました。

加茂湖の南側に沿った県道65号線を通ります。トキの森公園に行きたいのですが、、、時間的に無理と先を急ぎます。

山と水田の風景。とても風光明媚です。猪苗代の磐梯山の麓のような風景。きっと都会から来たらもっと感動するんだろうなーと思いながら。

空に一羽、白い鳥が。

トキに見える。いや待ちなさい、佐渡だからってなんでもかんでもトキと思うのはどーかと。
でも、だんだんと近づいてきた鳥の羽が日に透かされて朱鷺色が目に入った。あ、本当にトキでした。

西側の海に到達して、沿岸の集落や岩の風情ある形を眺めながら北上します。七浦海岸の夫婦岩です。今日は本当に快晴で、海の青と空の青。癒されます。

IMG_3012.jpg

相川のセーブオンでほぼ40km。ここが最後の補給ポイントで食料を確保しなければいけないのです(と思ったらこの後にAコープがあった)。が、いつもの胃もたれ体質が現れてきました。おにぎり一個、大福一個、ようかん2個をポケットに突っ込むだけで、食べられなくて先に進みます。

交通量が少なくて走りやすくて、海も岩も棚田のように区分けされた水田も、なにもかも美しい。
さて、ここがZ坂。ここを上るために、多くの人々が詰めかけるといふ伝説の坂に来ました。

IMG_3016.jpg

補給今ひとつの身体には、とてもとても辛い坂でした。1.8kmくらいだから、いつもの諏訪峠の後半2kmくらいの印象なのですが、75km走って体力落ちてるところで来る坂が辛いのです。

そこから先は海へ向かって落ちるジェットコースターのような道。くるりと回ってトンネルを抜けると静かに佇む大野亀。

IMG_3018.jpg

なにこの異世界感。

だんだんと近づいていくと、カンゾウの花のオレンジが目に入ります。緑の草むらとカンゾウのオレンジ。花のシーズンは終盤ですが、目が眩む美しさです。短距離ながら勾配のきつい上りに目眩がしていただけかも、、、

上りきった駐車場には観光バスがたくさんで、一気に世俗に戻った感がありましたが、、、
ちょっと元気になっておにぎり食べれた。しかーし、この後胃もたれ。ガラスの胃袋の呪いが解けず。

ここで2/3の行程が終了。残りはたった40km、されど40km。

この先はあまりアップダウンがないと予習していたのですが、予想以上に上ったり下ったりが多くて、耐え忍ぶほかなく。ゴール前2,30kmになると本当に平坦ですが、疲れで記憶が適当になってます。海に岩にカモメさんが集合してるなー、のどかだなー、などと思いながら。

19時30分のフェリーか、17時30分のジェットフォイルか、、、で、16時過ぎに港に戻れましたので、めでたくジェットフォイルで、新潟に向かう。

港の売店にて、トキのデザインのパッケージがかわいい牛乳。

IMG_3076.jpg

オケサンドという札にも心惹かれましたが(サンドイッチ?)、売り切れてました。
地元の海の幸を食べなかったような心残りがありますが、いちおう新潟で晩ご飯にお魚を食べて、帰還。

121.5km, 22.1km/h, 914m, 87 watt

5月それは無計画に始まる, Scenery of May

5/2からのお休みは、GW後半って言うんですか、そーなんですか。

そんな5/2は、Edge500と赤おむすびさんの校正に四苦八苦。このところ、気温上昇のためか、とても高い値がでるようになりました。校正したくても、(以前は校正できたのに、いつの頃からか)Calibrating…で終わらない状況です。

ファームウェアが古いのが悪いのかと思って、恐る恐るアップデートしましたが、変わらず。ネットで調べたら、「心拍計を身につけなさい」というわけのわからないお告げ。どこにしまったのかな、、電池は? と箪笥をあさって電池を入れて久々に身につけて、検出させて。。。パワーメーターの校正ができました!

なんか釈然としないけど、校正のときだけ心拍計を使うことにします。(すっかり心拍計嫌い)

————
5/3早朝、レーパンジャージでちょっと会社へ。あやうく仕事をしてしまいそうでしたが、この格好で長時間いられない! と見切りをつけて離脱。明日できることは明日やろうね。

無計画だったのですが、昨年GWに鮫川村に行くつもりが、道に迷って行けなかったので、今日はもういちど試みてみました。

なぜかさくっと道に迷わず到着! 浅川町からずっと上りかと思っていたら下りもある。帰りは上りもあるってことですね。。。やだやだ。

遅咲きの桜がまだ咲いてる。人工的に整備した山ですけど、綺麗になってます。

IMG_2854.jpg

「手まめ館」のパン屋さんで、えごまメロンパンを食す。

IMG_2857.jpg

棚倉方面に足を伸ばそうと思ったら、反対方向に「強滝(こわだき)」という表示。強くなるにはこの滝を愛でてから帰るのがいいんですね? と、古殿方面に向かう。。。2kmくらい。

解説板を読むと滝があるわけじゃなくて、渓流の区画を「強滝」というらしい? 綺麗な流れですけど、写真の腕が今ひとつで、こんな画像しかありません。。。。

IMG_2856.jpg

引き返します。上りあり下りありで、棚倉は思ったより遠かった。。。気温が高い時間帯でしたので、より一層しんどかった。

甘盛堂の苺大福を一個だけ買って(子供のような買物)満足。さて、引き返し。南風で楽々。行きも南風でしたが、明らかに午後の方が風が強くなってました。

水田に水を張る季節だから、空の青と水の青がどちらも綺麗。

IMG_2855.jpg

134.5km, 1134m, 20.1km/h, 75 watt

戦績(2011 – 2014)

だいたいの順位は66.7%。

日付 レース 結果 順位 人数
28 2014/11/2 第3回 ふるどのロードレース 1時間13分45秒
7
10
27 2014/9/28 第4回 まえばし赤城山ヒルクライム 1時間52分28秒
24
38
26 2014/9/7 第9回 裏磐梯スカイバレーヒルクライム 1時間2分52秒
10
16
25 2014/5/18 第11回 時空の路ヒルクライム 52分49秒
10
25
24 2014/4/13 Link Fukushima 第1戦 リンクサーキット 一周遅れ
3
5
23 2013/9/8 第8回裏磐梯スカイバレーヒルクライム 59分33秒
13
22
22 2013/8/4 あだたらチャリンコ2days (2日目ヒルクライム) 32分54秒
6
10
21 2013/5/19 第10回時空の路ヒルクライム 52分37秒
10
28
20 2013/5/12 第9回車坂峠ヒルクライム大会 1時間19分03秒
16
27
19 2012/9/30 第2回まえばし赤城山ヒルクライム 1時間48分55秒
21
42
18 2012/9/2 第7回裏磐梯スカイバレーヒルクライム 1時間00分02秒
11
16
17 2011/9/25 ヒルクライムチャレンジシリーズ2011喜多方プレ大会 23分25秒
4
8
16 2011/4/17 第25回ツール・ド・八ヶ岳 2時間00分09秒
15
18

夏の始まりは猪苗代湖へ, The beginning of the summer

日が長くて、真夏ほど暑くもなくて、距離を乗るにはいい季節。

ジロはちょうど山岳三連戦ですし、影響されやすいので、山に行こう! 金曜日から地図をじっと眺めて、母成峠が気になりました。まだちゃんと上ったことがないのでここにしましょう。
まずは磐梯熱海の足湯に5分浸かって、コンディションを整えます。

IMG_1997.jpg

母成峠に向かいます。ダラダラっとした上りが続いて、グリーンラインの料金所跡と思われるところから6,7%の坂が現れます。頂上までの残り距離がわからないので、ただただ我慢の6kmです。
わき水があったので、停まって水を補充できたのはありがたい。(初めてのコースはTTしないもんねー)

峠頂上から西の山々。今日の空の色は夏みたい。夏の気分を満喫です。

IMG_1973.jpg

ここからの出発時にチェーンを落として、手をきちんと拭かなかったので、白いバーテープがさらに汚れる悲劇が発生。しょんぼり。

中丿沢温泉の和菓子屋さんの日ノ出屋さんで、天ぷらまんじゅうを補給。店内で食べられるのがうれしい!

http://www.oishisazukuri.com/index.shtml
IMG_1995.jpg

おかみさんと自転車話で盛り上がり、、、
「母成、きついんです」
「そういうお客様いましたけど、慣れましたって言ってましたよー」

慣れる。。。かなぁ。

猪苗代湖に向かって南下。途中でそば処の表示。
おおほり http://oohori.ina-ka.com/

塩分ください。ってことでぶっかけそば。鬼おろしの大根がワイルド感ありました。細めで色白で、しっかり噛みごたえあり。
「どこまで行くのー?」
と、またまた店員のおばさまは親切に話しかけてくれます。和みます。

IMG_1994.jpg

IMG_1996.jpg

さらに南下。裏でも表でもない、横磐梯山。

IMG_1983.jpg

素敵な明治風の建物。半分がJAで半分がおそばのお店でした。今度寄ろう。

IMG_1993.jpg

やっとこ猪苗代湖。晴れた日なので湖面が青。遠くはだんだんと霞がかってきました。

IMG_1989.jpg

御霊櫃峠を上ると、ちょうどつつじシーズン。もう、全然パワーがでなくてしんどいことこの上なし。
ぐったりしてるカルマさん。当然、持ち主もぐったり。

IMG_1991.jpg

あとは西風追い風で楽々帰宅。またも6時間越えできなかった。。。

106.5km, 1315m, 19.2km/h, 心拍計誤作動、Avr. 72 watt

GW最終日は、迷走, A Stray sheep

GW最終日、ようやくカルマさんを引っぱりだしました。

北風なので、南に向かうと追い風になります。

晴れの予報なのに、須賀川より南にいくと、雨がパラパラと降ってきた。季節柄農作業のトラクターの走った後の泥だらけの道を走るものだから、カルマさんも泥だらけになってきました。
なにより、寒い! 長袖(その下にアームウォーマー)、タイツにネックウォーマー、ウィンドブレーカーという寒がり仕様なのに、まだまだ寒い!

今日は、鮫川村の手まめ館にまで行きたいと思っていたのです。あくまでも予定。
なんだか素敵な果樹園の合間の道。。。。

IMG_1936.jpg

この先はダートでした。やむなく、引き返し。なんだか道に迷ってしまって、何回か止まって地図を確認しているうちに身体が冷えてしまって、山を上る気力なく。。。

というわけで、方針を変えてルートを変えて、和菓子屋さんに寄って柏餅を買ってみたり。
東風の台公園にて、所在なく佇むカルマさん。

IMG_1929.jpg

「ご主人さま、今日はこれからどうなさいますか?」
(情けない主人)「寒いので帰りたいのです」
帰りたくても、帰り道がわからなくなって、再びGoogleMapを開いて考えます。
向かい風に逆らって北上。なにやら花粉が飛んでいるらしく、涙が流れてきました。けっして、帰り道になってから太陽が出てきて、あたたかい自転車日和になったのが悔しくて涙がでてきたわけではなく。。。。

101.6km, 723m, 20.1m/h, 心拍計誤動作、68/316 watt(PM誤動作?)