2019 ツール・ド・八ヶ岳、あるいは足の遅い草食動物, The slow-footed herbivore.

4/13(土)前日受付のため10時出発。この時点ではまさかハーフ短縮とは思いもせず。除雪も完了でしょうとの予想。

その前日金曜日は部署でお食事会。スパークリングワイン一杯だけのアルコール摂取で我慢。これを我慢というのかどうかは?

レース時推定体重48.5kg。これ、8年前、9年前より3kg重いレベル。3月の大子マラソンとなんら変わらない。

北関東道と上信越道が通って、ほんと便利。子供の頃何度も旅行に行ったが、国道18号のくねっとした碓氷峠は霧のイメージで軽井沢方面に行くのは、やたら時間がかかった記憶ばかり。

横川SAでだるま弁当を入手しようと思ってたら、売り切れ。次回入荷は14時。そんなに待てないので佐久へ。着いた頃には14時過ぎてるのでお店が限られてきた、、、

で、見つけたカフェ・ケルン。カレーとココア。すでに旅行気分で節制とか考えてない。

スキー場で受付だだん。晴れてて浅間山の眺めがとてもいい。こんな日にレースしたいな。日曜日は曇りの予報です。

1−6位の景品を眺める。33ndとプリントされたある意味、希少な品々です。

帰り道、MATRIXの選手たちが上っているのを見かける。当日は見られなくって、これにて招待選手との遭遇はおしまい。

ーーーーーー
夕刻6時、公式Twitterで、ハーフ短縮のお知らせ。路面凍結が見込まれるとのこと。仕方ないなー。

車中泊にはグラウンド隣の駐車場をお勧めされていたのに、道の駅ヘルシーテラス佐久を見つけてここに拠点を作ることにした。寒そうなので少しでも標高の低い方が、、、夜中に走り屋少年たちが喋ってるのが騒がしくて、睡眠時間削られたが、遠くの位置に移動して事なきを。

最低気温0℃(コンフォート気温)のモンベルダウンハガー#2の新アイテム投入です。でも、この朝の最低気温3℃くらいでも寒いと思うあたり寒がりなのだな。

朝5時出発の5時半くらいに八千穂福祉センターへ。スタート地点の最最寄りのグラウンド300台分はは土が濡れているので駐車禁止となりました。なので混むかなーと思ったらそうでもなく、舗装部分に停めれました。ここの砂利が第二候補で、それでいっぱいなら小学校を第三候補とすればいいかなーと。

フルコースなら走りの遅さと撤収を考えてスキー場の選択もありか。

6時までにおにぎり2つ。

安定の朝寝後、お隣の車の人とご挨拶して、7時から25分くらいローラー台。軽いギアで160台に心拍をあげるのみ。

長袖か半袖か迷って、半袖にアームウォーマーとした。春用フルレングスタイツ。春用グローブ。直前までウィンドブレーカー着て、スタート前に脱ぐ体制で。

八千穂駅のお手洗いによってからスタート地点に上る。

駅から眺める八ヶ岳。

スタート地点までは上り。前を行く女子、速い。

荷物を預けて日向でのんびり。お腹が減ってきた。

佐久穂町長、一言で挨拶終わって、安原監督のお話を聞く。人数が少なくて6畳の部屋にみんな入れるだろーと言われちゃった。ぼっち参加ですみませぬ。

いつも会津のレースで会うチームミラノの女性陣を見つけたのでしばしおしゃべり。ガーミンオートポーズを切るのを忘れず実行。ここは抜かりなく。

ーーーーーー
さて、スタート9:12。電動アシストとハーフ男女と一緒。

先頭集団にいられたのは10秒ほど。だから、彼女ら最初は全然飛ばしてなかったはず。その後はついていけず。電動アシスト勢も速くて、早々に抜かれる。空気が冷たいので肺に入れるがしんどい。なぜか心拍が160台で上がらず。170台に入れるのは1kmも過ぎてから。アップしたのになんで?

そして本日のキャリブレーションは、出力低く出る日だった、、、私のパワーメーター、いざって時にこうなる。

そんなわけで30秒後にはあまりのしんどさに、「ハーフでよかった」と心底思うのでした。今回、準備怠って、ハーフの総距離とか獲得標高とか全然調べてなくて、参考になるペース表も貼り付けてない。

このスタート時に抜かされてるとき、サバンナの草食動物で足が遅い子が肉食動物に食べられしまうシーンをよく思い出す。草食動物に生まれなくてよかったー。悪行が過ぎて来世が草食動物になりませんようにと思うのです。

苦しいながらもマイペースで。集落のところは勾配がきついが、農産物直売所の右側のコースに入ったら勾配が緩くなるのでは? とは間違った記憶。緩くなりません。もー、暑くて仕方なくてファスナーを下ろす。アームウォーマーは下ろすと上げるのが面倒なので無視することにした。

別荘地いいなーと気を紛らせながら進みます。応援の人々、ありがたし。融雪剤のパラパラとした粒を眺めつつ上ります。このくらいの標高で路肩の雪が多く残ってて水が滲み出ているからフルは無理なんだろうな。

どこかでラップを切りたいのだけど別荘地に目立つ地形がなくて切れずーで、第8カーブまで20分以上の長いラップになってしまった。Stravaの区間を参考にすればよかったと気づいたのは帰宅後の話。

52分経過時に残り5km表示であったか。2010年のハーフの自分は1時間5分だったので13分で5kmとか無理と悟るのでした。同じくらいのハーフ男子が平坦の前にだんだんと前に遠ざかるのを眺める。平坦前に誰か足の合うひと求むーの求人応募者ゼロ。平坦で抜かしたお方を振り返っても、付いてきてくれず。ぼっち参加は平坦でもぼっちなのです。

そんなかんなでゴールする頃にはちょうど下山時刻。なぜかゴールは右側なので、どこかで下山の方々とラインがクロスするという危険な仕様。遅い子には試練が待ち構えているのです。試合終了。

どれくらい遅いかの比較です。2011年はフルコースのハーフ位置のタイム。そして心拍数が低い。

わざわざ4時間かけて来て、恐ろしく下位になって、さらに道楽続けようって、、、病が深いの。次戦(自転車)は時空の路です。体重は絶対に減らす覚悟で。

1時間12分02秒
14.83km, 798m, 12.4km/h, 169/175 bpm, 120 watt


荷物受け取って、雪に白猫号を差して記念撮影。

なめこ汁。運動量少ないからこんな補給で十分でございます。

着込んで下山。着込んでいても寒い。少し上り区間があってゼーハー、途端に暑くなる。

日帰り温泉。浅間山を眺めながら湯船にどぼーん。気持ちもどぼーん。

しかし、ピータースに寄るのは忘れずに。アールグレイアンペリアルなる高貴な響きのケーキを食す。(英語と仏語がまぜこぜになってる?)贅沢を味わうひととき。

体重が重いとか反省してたんじゃ? ダイエットは明日からとさせていただきたく、、

旧制小学校の中込学校を観光する。250円で文化遺産が見られるの素晴らしいでしょう。佐久鉄道のレールなんかもあって、鉄道ファンにもおすすめよ。

他に人がいなくてただ静寂。ステンドグラス、美しい。

横川SAにて、峠の釜飯おにぎり。背景は妙義山。ダイエットは明日から、、、

眠くて福島に帰りつけず、実家にて後泊、月曜日は山行をするなど。

肉食動物、ぬこさま。

花見なく、グルメなく, No cherry blossom viewing, no gourmet.

昨日は強風に負けましたが、今日はかなり風が弱くなりました。

、、と油断してたらだんだんと強くなってきた。

が、17km先の諏訪峠麓までたどり着いたので、さあ、始めるよ、タイム計測。(期間未定の冬季閉鎖みたいです、猪苗代湖側には抜けられないかも)

あー向かい風、やれやれ向かい風。14分弱のひどいタイム。来週が思いやられます。ここからカロリー消費の遠回り帰路につくか、もすこしリピート練をして屈辱感の上塗りをするか?

屈辱感上塗りの方を選びました。正確には3本上ったことがないので、どれくらいへたってしまうのかを確認したく、、、もう目も当てられない15分台でぷんすか怒りながら上ってました。遅いのに、怒りっぽいってゆー最悪の性格です。

途中でローディー4人とすれ違う。表情隠せるアイウェア、素晴らしきかな。

白猫号もぐったり感溢れてます。

郊外だし、標高も少し高いので、桜はまだまだ。

落石注意です。

来週は8年ぶりのツールド八ヶ岳。1200mも上れるかなぁ。

諏訪峠1本目 13分48秒, 12.8km/h, 171 bpm, 158 watt
2本目 15分19秒, 11.5km/h, 161 bpm, 112 watt
3本目 15分51秒, 10.9km/h, 159 bpm, 137 watt (この出力変だな、、、)

59.7km, 656m, 20.2km/h, 139/179 bpm, 85 watt

財布を忘れて、、、, The jolly Fukufuku.

♪自転車乗ろうと郊外まで出かけたら、財布を忘れて愉快な、、、

そんな状況。
財布ではなくて、いつもユニパックの中にお金を入れただけの奴ですが、どういうわけか忘れた。

暖かくて強風。西風の突風が吹いてくるので、南北に移動中に横風をくらうと倒れそうになるか、風下に流されて車に轢かれそうになるかのどっちか。

あとは建物の影から出ると、風が押し寄せる。生きた心地がしない。

山にはまだ雪が見えます。

お金もないしと9km地点で引き返して総計18kmしか走ってない。来週ヒルクライムなんですが、いいんですかねぇ、これ。

18.0km, 58m, 17.9km/h, 118/153 bpm, 62 watt
———–
懲罰的ラン4.8kmは池周回コース。桜は一分ほど。ペース上がりません。全部風のせいにしちゃおう。

この後仕事。めずらしく誰もいない会社。

そして何もかも中途半端に終わる一日。

敵はたくさん、、、2019 奥久慈湯の里大子マラソンに行ってきました, The enemies are myself, cedar pollen and hills


冬の風物詩で体重が重い。起床時48.5kg(推定。服を着てしまった) ん、これ12月のはが路の時と同じだからそんなに重くもないんでは? 

なわきゃーなくて、今日は高低差の激しいコースなので体重は軽い方がいいです、ほんと。折り返しが3回ある変則的なコースです。

前日は4kmだけ、ダッシュを1km。ペース4分40秒が私の限界なので、サブフォーとかどんな世界なんじゃろ。この三ヶ月間は下記の通り。

12月ラン距離:80km(はが路の42.195km含む)
1月ラン距離:60km
2月ラン距離:53km

卵かけご飯、7時までにミニクリームパン4個。8時半にBCAAジェル一つ。このジェルは失敗なので次からは摂らぬように。レース中、気分の悪さに数回遭うのだけど、人工的な香料がだめなんだなーと実感。

6時出発、途中で道の駅でだらだらしても、到着7時45分。あと30分遅くてよいでしょう。福島県を南下して県境を越えるとすぐに大子町、近い。割り当てられた駐車場からスタート地点まで徒歩2分。お手洗いの方が遠い。遠隔の駐車場に当たってしまってシャトルバス利用になると、もすこし不便だろうな。

暇でぶらぶら歩くが、アップするのにスマホとか邪魔なので車に置きっぱにしたら、写真少なめ。ゆるキャラ撮れず。

人数多くないし(子供達を入れて2000人くらい?)、ほのぼのとした雰囲気。女子ハーフエントリーは59名。

タオルとお茶など参加賞をもらうなど(帰宅後の写真)。冊子の中にメンタリストが混ざってるよ。

到着時0℃。スタート時13℃。ゴール時18℃。 アームカバー忘れたので、半袖で走ります。勝負シューズは、On クラウドサーファー(旧)。

周りは長袖の重ね着が多い。防風素材っぽいジレを着てる人もいたかなー。3月でまさか半袖とは私も予想してませんて。

猫耳装着。しっぽは邪魔なので、改良しないとダメだ。今後出番があるかどうか謎。

さて10時スタート。人数が少ないのでロスタイムは10秒ほど。すぐに急坂を下ります。まだまだ人口密度があるので、安全にスピード出さずに下ります。嫌になるほど下るので、帰りは、、きっと怖いことになります。

下り終わると左折、すぐに先頭集団とすれ違います。緩斜度の上りを1kmくらい行ってから第一折り返し点。それからまた来た道を引き返すと、私と同じ2012年郡山シティーマラソンのTシャツを着た、年配男子を見つける。抜かし際に、「郡山お揃いでがんばりましょう!」と声をかける。

2012年のTシャツはオレンジ色で、好きなデザイン。郡山のはデザインがよい年と悪い年の差が大きいんだ。

少し行くと左折。山の中に入って行く感じで、その先上ってるのが見えて、嫌だーとの思いしかない。そして先頭集団とすれ違わないからこの先は長そう。第二折り返しまでは2kmほど。きつい上りが一箇所、基本は上りだが、折り返し手前で下り。これまた上り返しだなぁ。

そして先ほどの郡山オレンジの人を一所懸命探す。後ろからのデザインだとわかりやすいんだけど、前からだと、左胸の2012の小さな文字を探すしかない。見つけた。手を振ってがんばろーの挨拶。

元の道に戻って、りんご園の表示を見ながら上り基調を行く。予備知識によれば第三折り返しまでは、だらだらと上るはず。ここで7km地点か。給水がないっ。4箇所と聞いてるのにもう1/3過ぎるよーと地団駄踏みそう。

ダルマさんに抜かされる。これまで沿道の人に手を振って、ウケがよかったの、私の猫耳じゃなくてこっちのダルマさんかーのがっかり感。よくあることなので、強く生きることにします。

ロードバイクのサポートライダーが、ボトル取って水飲んでるのをどこかで見た。彼を襲撃して水を奪おうとの計画が頭を渦巻く。

給水所は7, 12, 14, 18kmくらいか? いつも前半に喉が乾くので、も少し前半にあるとうれしい。水、ポカリ、飴、チョコあり。

ヒルクライムとハーフでは水しか摂らない人、それが私。紙カップには大量に水があります。背中と胸にかけて暑さ対策。同じくらいのペースで走ってる人たちのなかで、いちばんの暑がりでしょう。

直線で見通しのいい箇所と悪い箇所がある。ここを上ると折り返し? と期待させておいてそうじゃなかったりする。最後の折り返しは見通しがあまり良くないところに。元気のいいおっちゃんが応援してくれてた。

ダルマさん、ここから加速してこのあとは追いつけず。同じくらいのペースの女性もここから加速して、だんだん遠くなってしまった。後半に余力ある走りって、ほんと、無理。前半抑えて入ったら、それなりに遅いタイムで終わりそうで怖い。

だんだんと人口密度が減ってきて寂しくなってきた、、、これいつもの私のヒルクライムレースひとり旅に似てる。デジャヴ。

生まれる時も死ぬ時も走る時も一人なのですなぁ。

こんな疎らな状態で、引き上げずに沿道で応援してくれるのはありがたい。周りに人がいなくなりつつあるので、「猫ちゃん!」「抜かされんなよー」と応援してもらいつつ。

残り1kmから急激な上り。あとでログを見直したら55mの獲得標高らしい。5.5%ですね。だが、ヒルクライマーの端くれとして歩くことは「足つき」と同義である。

ゼーハーの上に脚に乳酸が溜まる感覚が恐ろしい登坂でした。人々が応援してくれても、応えることができずでごめん。最後100mくらいが平地。息を吹き返してフィニッシュゲートまではダッシュ。

ゴール地点は玉こんにゃく、スポーツドリンク、スープ、甘酒。写真ありません。

ゴール地点でQuickStepジャージの人が応援してたけど、自転車乗りの人も出てるよねーとなんとなく思ってたら、前に氷玉峠で会ったKさんでした。今回、リザルト6位の実力者。

さっさとゴールしたにも関わらず猫耳の怪しい人を途中で見かけて、ふくふくを思い出したらしく、わざわざ待っててくださいました。なのに、この私、不遜な態度で「どちらでお会いしましたか?」などと問いかけて大変しつれーしました。入賞おめでとうございます。

痛みメモ:爪は痛みなし。月火、大腿四頭筋の筋肉痛。このところ筋肉痛を克服したーと喜んでいたんだけど、下り坂でダメージを受けたと思われる。

21.08km, 319m, 6:12/km, 170/195 bpm(前半2kmまで誤作動で悲しい)
グロス(=ロスタイム10秒くらい) 2時間10分42秒

獲得標高はStravaは多すぎる感じ。Garmin Connectで統一します。心拍数(赤)が残念な誤作動。


ランチは大子町の咲くカフェ。テラス席もゆったりしててよさそーですが、この時期は花粉で死ぬので室内。この日はスタッフ不足でお時間かかりますの、断りつきでちょっと時間がかかりました。ご飯プレート、アボカドとチキン。

袋田の滝観光。(無料券ついてた)

帰り道の矢祭でバイクラックがあると聞いてた珈琲香坊へ。上品で素敵なお店でした。カップが選べるので、どれにしようかと優柔不断で困りました。

深煎りのつつじヶ丘ブレンドと、チーズケーキ。おいし。
カップはウェッジウッドでした。優雅だわー。

不摂生が積み重なってます。。。

花粉症マスク、始めました, Hey fever season has started.

大変、くしゃみですよ。今年も来ました花粉の季節。仕方ないなーとSwansのマスクを引っ張りだしました。怪しすぎる格好です。

そしてなぜか朝には氷点下になってるー。寒いので出発が9時過ぎになってしまった。東京マラソンを見ちゃうと、午後から出かける気にならないから、マラソンは録画します。

御霊櫃峠に3月に行くことはなくて、、、なぜなら途中の道に雪のある確率が高いし、上まで行けないし。でも、今年は雪がないからどこまで行けるか探検に行こう。

林道入り口。雪ない!

ちょっと上ってみましょう。タイムトライアルはしないで、ゆっくりの手抜きです。

11分後。民家のあるヘアピンを曲がると、雪をかき集めたバリケード。

このくらい短いヒルクライムならいいのになー。右の壁が崩れていて轍があるので、だれか車が通った形跡があります。冬山の登山の人かなぁ、、猪苗代湖には抜けられないと思うのです。

毎年の田んぼの白鳥さん。まだ残ってた。この子たちはきっと寒がりでまだシベリアには戻りたくない派?

そして浅いのでプカプカ浮いてられなくて立ってる子多数。なんてかわいい。

さて、長い距離を走れる日は戻ってくるのでしょうか。


近藤史恵のスティグマータ、2月に文庫になったので読み始めました。まだ前半。

バイヨンヌはバスク大好きなのでいつか行ってみたい。ミッコのアパートメント、パリ16区の高級住宅地は雪の日にマルモッタン美術館に行ったのを思い出す。

プロローグステージのアントワープ、迷いに迷ってルーベンスの家に行けなかったのを思い出す。なんだか眠いんだパトラッシュ、の大聖堂もなつかしい。

白石(チカ)の身辺は事件起きすぎ。安心してレースにも出れないわー。人ごとに思う読者である。

50.9km, 332m, 21.1km/h, 129/172 bpm, 90 watt