第7回Mt富士ヒルクライム 当日篇

カテゴリー レース

今年の目標は、1時間45-50分。実は、これは元々去年の目標タイムでしたが、実力からするとこんなものなのでは?

今年は真面目にウォームアップに時間を取りました。40分くらい。その後、会場に戻るとなぜかGarminの心拍計がうまく動きません。再スキャンすると、「複数の電波が入りますよ!」と警告されっぱなしで焦ります。少し他の人から離れて心拍計のON/OFFを繰り返して落ち着きました。6時55分なのでスタート5分前です。

例によって、最後尾に近いところからスタートです。わざわざ場所取りしたり、人口密度の高いところに拘束されるのは苦手なので。計測ポイントまで、少しでも抜いておこうと無駄に体力を使った・・・。

料金所を過ぎて少し走っただけで、もう男子3000番台に抜かされます。

一合目、予定区間タイムより2分早く通過。

富永美樹さんを至近距離で目撃して、さらに進みます。

二合目、予定区間タイムより2分早く通過。

この時点で目標の1時間50分以内は到達できそう。気を良くしたところで、なぜか吐き気に苦しみます。スタート前に水分の摂り過ぎだったみたい。断続的に20分間はこんな状態が続きました。呼吸を浅く速くして、なんとか乗り切りました。
三合目は冷や汗かきつつ、ほぼ予定区間タイム。

フランスパンのバゲットを背中のポケットに入れている人に抜かれました。上の方は紐でさらに体に固定しています。でないと落ちそうだ。五合目で、手付かずのバゲットを背負っている人を再度見かけましたが、途中で食べなかったの?

人数の多いレースの利点は、視界から女子が消えることがないこと。必ず目標となる人がいるので気持ちが途切れません。

大沢駐車場の太鼓を通り過ぎると四合目。予定区間タイムより少し早い。

その先は急勾配と平坦が交互に現われて、脚に苦しい展開。
ただし、山岳スプリット区間は楽に感じられます。ヅラエースホイールのおかげ?

平坦区間ではびゅんびゅん飛ばす男子か、遅い男子しか見つからず、まったく列車に乗れません。最高時速29km/h。

最後の坂にて力尽きつつゴール。この区間だけ予定タイムより遅くなってしまった・・・。結果として昨年より10分30秒ほど、タイム短縮に成功。

今年も晴天です。

100606_0902~0002.jpg

23.82km, 1237m, 13.8km/h, 170/179bpm