服装選択に難しい季節・・・, Putting the winter jacket in the pocket forcibly

カテゴリー いつものコース

7時過ぎても布団から出られず。土日どちらも走らない、めずらしい日にでもしてしまおうかと思ったのですけど。。。

なぜか鳳坂峠を思い出しました。なので、お布団から這い出てみました。
2010年以来行ってなかった。

http://2933tofu.seesaa.net/article/166973533.html

正確に言いますと、上ってる途中でパンクして、鳳坂峠は制覇したことがなかったのです。
朝、うすら寒いので、薄手ウィンドブレーカーではなくて、しっかり冬用ジャケットを着込んでしまいました(それ、寒がり過ぎでしょ!)。でもそれ以外は、夏仕様。今日は登坂ですから。案の定、途中で暑くなって、無理無理、縫い目が裂けるんじゃと思いながらジャージのポケットに押し込みました。

峠の麓。親切な標識発見。あと412m、上るだけ。

IMG_1889.jpg

前回パンクしたところを通過して、未経験コースに入ったら、「無散水消雪道路」という表示が。なんか嫌な感じ。磐梯吾妻スカイラインでも、この表示があるところは勾配がきつかったような。
12%で、しかも直線の道。そして、スピードが出ないものだから、小さな虫がまとわりつくのです。足つきだけは回避して、なんとか突破。

息も絶え絶えで、峠頂上に来ました。でも、ここには何もありません。

IMG_1906.jpg

2km下って、展望台。遠くの山にはまだ雪があって、風光明媚。

IMG_1905.jpg

さらに下って、羽鳥湖の反対側の道の駅と、レジーナの森をふらふら。レジーナの森は高級リゾートですねぇ。

遅咲きの桜の種類かな?

IMG_1904.jpg

気軽な売店がなかったので撤退。道の駅で、あんバターどら焼きと、ヤーコンフランクフルト(どの辺にヤーコンがあるのかわからない。。。)をモグモグ。

ブリティッシュヒルズに行ったって、高級指向だからおもしろくなさそー、というよりこれ以上坂を上れません。そんなわけで、弱々しい自転車乗りは、この辺りで折り返すのです。

鳳坂峠 5.66km, 373m, 9.0km/h, 170/178bpm 112/204 watt, 37分39秒
90.8km, 1095m, 20.0km/h, 144/178bpm, 72/277 watt

服装選択に難しい季節・・・, Putting the winter jacket in the pocket forcibly」に6件のコメントがあります

  1. ほんと、頂上にはすばらし~景色か
    ソフトクリームがないとがっかりですよねっ(笑)
    福島は高い山がけっこうあるので
    HCの練習場所には事欠きませんね。
    ふくふくさんも頑張ってるので
    私もがんばろうっと♪

  2. yuniさん
    あはは、練習場所はあるんですけど、行く気になるかどうかがまた別問題。(^^;
    でも、茨城も山はたくさんあるイメージです。裏山練ができるってすばらしー。。
    あ、今年の時空の路はyuniさんの後ろにつかせていただきたく・・・。(笑)

  3. おほほ 去年はこっそりお尻をお借りしましたので、
    ど~ぞど~ぞと言いたいところですが、
    直線はゆっくり走らないと、後半持たない私ですので、
    ペースが合わないんじゃないかと^-^;
    去年は少し無理してふくふくさんに付いて行ったら、
    案の定後半でバテたので、今年はもっとゆっくり
    走る予定ですので為念。

  4. yuniさん
    えっ、引いてくれないんですかっ!!
    シクシク・・・・。
    私、いつも、後半バテたらどうしようっていう飛ばしっぷりなんです。
    「ペース配分、なにそれおいしいの?」(こらこら)
    タイムトライアルの必要のないときですら、飛ばしちゃうんです。
    なんなんでしょうねー。単に心拍がすぐに売り切れになるだけかと思うんですけど。。。(^^)

  5. 走行中にまとわり付く、不愉快な小虫ですけど、ブユの場合多くて刺されると腫れます。
    米沢の御大 なでらまん氏は、ブユの攻撃能力と自転車速度の相関を研究されました。
    時速14km以内であれば、ブユの能力が勝り攻撃される。時速14kmを超えれば振り切れるとの結論に達した模様です。

  6. リチャードさん
    14km/hって、坂でそれは絶望的です。(笑)
    時速一桁台ですからー。
    、、、でも実はまだ刺されたことがないんです。ラッキー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。