2017年夏の合宿, Summer camp in 2017 #1

2012年の夏合宿が乗鞍でしたが、5年ぶりに乗鞍に来ました。

そもそも夏合宿自体2013年の山形鳥海山、秋田栗駒山以来、体の不調もあって行けてなくて、、、去年は枝折峠の後に渋峠に行きたかったのですが、しこりの手術日程が翌日月曜日になってしまって見送り、と。こやつ実は除去したはずがまた最近痛いので、悩みどころではある。

初日は移動日だけにしようと思ったのだけど、台風が来そう。朝に天気予報を見て決めようと4時起床したら、悪化してる。あーこれは月曜日に畳平に上ると遭難するかもしれないなーと、心を決めて家を出る。

ご飯を食べると眠くなるので、途中まで我慢、、、のはずが東北道ですでに眠い。大谷PAで20分の睡眠。横川SAで、焼きまんじゅうを見つけたので食べたら、やっぱり眠くなって、千曲PAで20分睡眠。

ああ、早く現地につかないと枝折峠の方々のスイカの画像が来ちゃうよー。と心は急ぐのですが、6時間かかって、11時にスタート地点です。

でもスタート前にアルプホルン演奏を聴く。なぜか高原にはアルプホルンが定番なんだよね。

山の上に雲がかかっているようにも見えるけど、スタートします。ちょっと途中で携帯ポンプやライトがずれて、直すために足を止める。レース仕様から戻すときはこんな不調が起こるなぁ。

日曜日ということもあって、すごーくたくさんの方々が下ってくる。

そして、抜かされる。私自身は、抜かすときって、驚かせてはいけないから必ずこんにちはと声をかけるんだけど、無言の人多い。これって田舎の思考なのかなぁ。乗鞍って都会なのかもね。

摩利支天バス停より上でもう辛くて仕方なく、位ヶ原山荘で足をついて休憩してしまった。こんなにも弱々しいのではレースに出れないぞ。

休憩ついでにお一人様に見えた女性に話しかけたら、クロスバイクでここまで上ってきた猛者でした。頂上に行った旦那さんをここで待っているとのこと。ちょっと苦しさから気を紛らわせたので、さて、上を目指します。

やはり一度休むのがいけなかったのか、心拍が上がらないし、出力2桁状態。ああ、これ鳥海山の終盤とまるで一緒。長距離コースのタレっぷりがひどいなー。

なんとなーくコースは覚えているので、見通しのよいところで最後と思わせて、コーナーを曲がるとまだゴールは先というフェイクに気をつけていたのですが、やっぱりその先が長い。死ぬ死ぬーと思いながらペダルを回すのみ。

ゴール。変わらず美しい池が迎えてくれます。心配してたけど雲はそれほど多くない。

タイムは前回より8分くらい遅い。また8分ー??? 休憩含めず。ええい、今日はバックパックを背負っていたからに違いありません。畳平の周辺を歩くため、スニーカー持参で来てたからです。

おやき食べる。

山に登る。

絶景だ。

雪渓の下の水の青さ。

お花綺麗。

ソフトクリーム食べる。

そしたらPAXPROJECTブランドを知ってる方に会う。地元でも声かけられないのにーと思ってたら、自転車業界の方でした。お連れの詳しくない方のために、価格面の解説などしてくれました。え、そんなに散財しましたっけ?

帰る頃にはバイクラックが寂しくなってた。

帰路、バスによる下山コントロールを食らってしまったため、再び位ヶ原山荘で休憩してたら、もう15時半くらいの時間に上って来る人はまばらなのですが、クロスバイクの若者2人。そして、ここから上はまだまだきつい坂ですか? との質問。私の脚で40分かかりますと答えておきました。いや、君たちならもっと速いだろー。(知らないけど)

硫黄の湯で夏休み満喫。

2012年合宿記事はblogでは非公開にしてしまったけど、冷泉小屋とか大雪渓まで(遅いからだけど)迎えに来てもらったりしてた。そんなことを思い出したりする1日目でした。

19.4km, 1217m, 9.1km/h, 160/175bpm(誤作動あり), 106 watt
2時間07分19秒 停止時間含まず

2017年夏の合宿, Summer camp in 2017 #1” への2件のフィードバック

  1. あーっ 懐かしい・・・

    乗鞍はきつくて辛いけど、
    景色がサイコーですよねっ

    そうそう 休むと回復するような気がするけど
    すぐにもっとつらくなるんですよね
    あー思いだしてきた・・・

  2. yuniさん

    yuniさんblogが更新されないので、心配してます。お体お大事に!

    スタート地点から、あそこまで上るのかーって見えてしまうのも、なかなかすごいとこですよね。景色いいし、バスとタクシーしか通らないから、安全ですしね。

    近くに住んでたらもっと通ってしまうのかしら、、、でもあまりにも自転車乗りさんが多いしチームが多い感じですね。だから、「こんにちはー」な田舎的なコミュニケーションがないのが、おひとりさまとしては残念。彼らは試走で、私は旅行だからそう思うんでょうか。

    そう、足つき、結論としてはついてもつかなくても変わらないかもしれませんね。ゆっくりでも休みなしで行きたーい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。