死について, About farewell

たぶん、古くから私のblogを見てた人には察しがつくと思うのだけど、元の夫が自らこの世に別れを告げたとの連絡を受けた。自転車に乗るきっかけはこのパートナーだったけれども、まさにその自転車に関して行き違いが増えて4年前に違う道を進むことを選んでいた。

ふと気づくと、Twitterに鍵がかかり(その間、どのような呟きをしてたのかは知らない)アカウントが消え、Facebookアカウントが消え、blogが消えた。心配になって、以前一緒に住んでいたマンションを見に行ったのが先週の火曜日の夜。部屋の灯がついていたけれども、駐車場には知らないクルマが停まっていたから、どこかに引っ越ししたのかもしれないと思った。でも、これは違った。

先週木曜日にそのマンションの前に警察車両が停まっていたと、通勤路の同僚たちが教えてくれた。タイミングが合いすぎてザワザワとした感じがあったが、この時は関係ないと思い込んだ。

一週間経過した昨日、彼の職場の人で唯一知り合いの方から連絡を受けて、その木曜日に亡くなったことを知った。

偶然でしかないのだけど、その木曜日の夜に飲みに行った時、亡くなった方からのサイン(予兆)について話題に上っていたのを思い出す。私にはサイン(予兆)がなかった。

冥福を祈るって言うべきなのに、その言葉が出てこない。この世は生きている人達のもの。

死について, About farewell” への6件のフィードバック

  1. 私も身近に自死した人が2人います。
    亡くなった人も辛かったと思います。
    残された人もまた辛いと思います。
    何かできたのではないかと思います。
    確かにいろいろできたのかもしれません。
    でもできることは少なかったのではないかとも思います。

    いまは,その人との良かった思い出を思い出してあげてください。

    勝手なことを一方的に言ってすいません。

  2. なぱさん

    ありがとうございます。一方的ってことはないです。お時間をかけて、見知らぬ私のblogにコメントを書いてくださること、それは素敵なことだなーと思うのです。

    亡くなった人にしてあげれることはないんですよね。
    生きている人と楽しい経験と、ときには辛い経験をしていきたいと思うのです。

  3. サインはあります。
    あの日の夕方、登山仲間が楽しい話題を携え、やって来る予感で、ワクワクしていました。待ちくたびれた頃、「家族から今亡くなりました」って。
    長く入院中だったので、うちまで訪れるのは無理のはずだったのに、でも確実に彼が来ると感じていました。
    肝硬変で長く苦しんでいたので、楽になって嬉しかったのでしょう、それを知らせかったのかも。

  4. リチャードさん

    それは不思議なことでしたね。亡くなられる方との心の距離が近いから、このようなことが起こるのでしょう。最後によい思い出となるのですね。

  5. 何年も前ですけど裏磐梯や氷玉峠の大会でお見かけいたしました。
    不謹慎な言い方ですが、あの頃を懐かしく思い出しています。
    あの頃みたいにまた頑張ってみたいな。

  6. とおりすがりさん

    お言葉ありがとうございます。今は自転車はお休みしてるのですか? でも、がっつり乗るスタイルじゃなくても、マイペースでやってければいいと思いますよー。

    お話したこととかあるのかどうかわからなくってごめんなさい、なのですが、、、次にお会いしたときにはお話しましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。