着地が重要?!, It seems that the landing is one of the most important factors.

カテゴリー レース(マラソン)

すっかり自転車話題から遠のいてます。今日もラン。道が乾いてなかったから。
阿武隈川の支流の笹原川沿いを走る。桜の並木の紅葉がきれい。
ダートの道の方が速度が遅くなる。地面を蹴る力が分散されてしまう感じ。
真面目に走らず、3kmに一度500mくらいの徒歩を入れて、ダラダラと。
全体の行程の2/3を終了した辺りで、突然、足裏の着地ポイントを親指側にずらしてみたら、かなり走りが楽になることを発見。ああ、こういうのは走り始めではなくて、疲れてから試行錯誤するのがいいのでしょうね。
foot.png
(ひどい絵ですみません。つまり意識前は足の中心から着地してたのです。この肌色は・・・デスラー総統だ。)
私、常日頃立っているときに、脚をクロスして、小指側に重心をかける方が楽なのです。必ず、靴裏は外側から磨り減ります。これが諸悪の根源かっ!
なんというか、無理に脚の筋肉を使って走っていたのが、骨を使ってダイレクトに地面を蹴れる感じに変化した。
心拍160くらいで辛かったのが、170くらいに上げてもさほど辛くない。楽しくて、少し遠回りをしました。^-^)
でも、距離が短い。総走行距離をいつも表示するように、Garminの設定を変えよっと。
・・・もしやもしや、自転車のペダリングも正しくないのか?!
13.2km, 241m, ベストラップ 6:23/km, 153/178bpm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。