第7回 裏磐梯スカイバレーヒルクライム 2012 – その結果・・・ -, 7th Urabandai Skyvalley Hill Climb 2012 – Disapointed at the results –

予想、その他、考えること。
試走から劇的に速くなるわけない。1時間を切れればいいな。
何回か通ったので、コースはほぼ覚えました。
体重は今期最低ラインまで来ましたが、あと2kg減れば理想です。
—-
スタート!
またまた、Garminのスタートを忘れて、操作してるうちに集団に置いていかれてしまいました。風を受けつつ平坦区間を走ります。集団は少し前に見えてるのに、だんだんと遠くなります。
当たり前ですが、集団先頭を牽いているのは強い方ですから、差は開く一方です。
心拍計の調子が悪いので、クルマに置いてきてしまいました。でも、平坦区間で180に到達したのかも。かなり無理をしたので、心肺が先に売り切れです。
登り坂区間では、本日、ご挨拶してくださったヘレンさんの背中を追いかけたのですが、最後まで届かず。
同じペースの男性も目標にしたのですが、じわりじわりと遠くなってしまいます。女子先行スタートのレースは、抜かされるばかりなので、精神的にはしんどい。氷玉峠の方が、楽しめるかな・・・。
最後のゴールの見える区間では、なぜか向かい風! 嫌ー!
そしてゴール地点のデジタル時計を見た! 8時55分50秒台を指してる。と、いうことは7時56分スタートだから、1時間を切るかきらないかの境界線。
あともう少しー!
1時間0分2秒。はい、終了。
顔を洗って(というよりは、きちんとトレーニングして)、出直しです。
書ききれなかったので、もうちょっと続く、予定。
今日は曇り空。
P57345800.jpg

第7回 裏磐梯スカイバレーヒルクライム 2012 – その結果・・・ -, 7th Urabandai Skyvalley Hill Climb 2012 – Disapointed at the results –” への4件のフィードバック

  1. 自分も今回スカイバレーに出ました。成績は計測方法を理解していなかったので・・・
    女性で1時間0分2秒は立派です。自信を持って良いと思います。
    自分は氷玉峠よりスカイバレーの方が強弱がつけ易くて走りやすいような気がします
    これからもヒルクライムがんばって下さいね。

  2. deepさん
    おつかれさまでした! 書き込みありがとうございます。
    人数が多いグループは、グロス集計は大変かもしれませんね。女子は、その点、恵まれてます。
    スカイバレーは、料金所を過ぎて林の中に入る勾配のきついところが苦手です。まあ、ヒルクライム自体そもそも苦しいわけです・・・。
    氷玉峠の場合は、上で食べ物が待っているのが一つのモチベーションです。
    どこかでお会いしましょう! 私は次は赤城の予定です。

  3. いつもブログを拝見しているので、お初って言うよりも…(思い込みですけど)。
    ヒルクライムレースに復帰おめでとうございます、やはりレース参戦記事が掲載されると楽しいですね。
    またどこかの大会でお会い出来れば幸いです。

  4. ヘレンさん
    おつかれさまでした! 地元の割には、知り合いがいないので、ぽつねんにならず、お話できてありがたかったです。
    ほんとはヘレンさんに追いつきたかったんですけど。。。。
    やはりレースに出ると、ダメダメなところがわかってしまいますので、精進せねば、という気になります。
    またどこかでお会いしましょう。よろしくお手合わせくださいませ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。