2019 時空の路ヒルクライムに戻って来ました、そして10位コレクターの行方, 10th collector’s destination

例年のごとく、5月3週は各地でヒルクライムレース。7000円で出られるはずの蔵王を蹴り、6500円の時空の路へ戻って来た。手計測の車坂も捨てがたいが、長野まではやっぱり遠い(体力ない)。

起床時体重48.8kg。金曜日まではよい感じの48.0kgを保てたのに、おそるべし浮腫みの力。おそるべし仕事上のやむを得ぬイベント。飲まない自制心を保てればいいだけです、ほんと。

しかも朝方、寝坊の夢を見るなど。いつも心配しながら寝るのだけど、寝坊の夢を見るのは珍しい。

朝の猪苗代湖、曇り。亀と白鳥の遊覧船。

さて、時空の路ヒルクライムは断続的な出走だが、直近の4回はすべて10位です。いつも出走者は入れ替わってるのに安定の順位。

4時出発。中学校駐車場に5時30分。受付終わると暇。ローラー台漕ぐ事30分。あまりに暇なのでサドルのポジションを変更してしまう。

朝ごはんメモ:起床時 納豆&卵、3時間前 おにぎり2個、食料なくローラー台に乗ってたらお腹が減り、参加賞のゼリー1個。レース中に気分が悪くなることはなかった、量と気分の悪さは無関係、なのか。何回レースに出ても、最適解がわかりません。

グルテンフリーしてるためパンを避けてると量の加減が難しい。

朝の会場。曇りー。このあと晴れて強い日差しとなりました。

荷物預けをしたら、去年のチャンピオンクラス優勝のSさんをを見つけたのでまたふらりと声をかけてしまう。私の正体は不明だから、怪しくてもうしわけなっし。ブルーライン以来で、、、と声をかければよかったと反省。

右折箇所少しさきまで実走。この時は風は全然なかった。心拍計オフのままで調子を見てなかった。(のち、本番できちんと採れてなかった)

開会式が長いので、おひとりさまには辛いのう、と思ったところで、去年の時空観戦したとき以来のレインマンさんにお会いしたり、Millanoの女性陣にもご挨拶できました。拙ブログをお読みいただき恐縮です。

さてスタート。クリートが嵌らない病ですが、ここはローリングスタートなので安心。

平坦の列車、第一陣見送り、第二陣見送り。心はついて行きたいのに、まったく体の能力が違います。まあ、いつものことです。左前から吹きつける風が強い。

右折までのタイムが一昨年の2分落ちだったのでは、、、これに動揺してラップを押すのを忘れるだめっぷり。

関山の集落では、みんな応援してくれる(全然応える余裕なし)。この緩斜面、前方がよく見えるし、心理的には本当に前に行きたいのだけど、なかなか景色が近づいてこない。九十九折の普通の山道が私、好きです。

この後はやっと本当の坂。やっと心臓も脚も落ち着いて、風除けとか考えずにマイペース区間に来て安心。ダム横の平坦は、幸い脚の合う方の後ろにつけた。

栃沢集落でも、みんな応援してくれる。お約束の「女の子がんばれー」と言われるが、女の子じゃないんだよと訂正を入れたい。心の中で訂正するのみ。

左に曲がるカーブのゲートでいつもラップを押すのに、なぜかこれも忘れて30秒くらい先に進んでしまった。今日の記録は全然参考にならない。

給水所では水をもらって体にかける。今年、スポンサーの関係かな? スポーツドリンクはなかったように見えたのでちょっと安心した。

もう少し上ると、去年の観戦ポイント「ふくふくの砂箱(勝手に命名)」が現れた。ここは結構斜度があって、スピードが上がらないからなかなか良い場所であったようだ。今年は誰もいません。

スタート前に冗談で抜かしちゃうかもしれませんと宣言してたレインマンさんの背中が見えたのでお声がけ。

九十九折が終わると左側に山肌を見る景色になり、ちょっと先が見えてきます。登坂区間のラップでは例年並みのタイムに戻ってきたのですこし気を取り直す。でも今日は結果悪いだろうなーと10位コレクターは弱気になります。

と、残り1kmで同じカテゴリー番号の女性が見えた。最後は下りなので、残り800mほどとして、5-10mほどの距離が詰められるだろうかと考えつつ。今日は平坦が不甲斐ない走りだったので、少しはきちんと走らにゃと気合をいれる。

残り500m、ほぼ2m距離に近づいたので、さらに頑張って平坦直前で入れ替わった。あとは後ろとか見れる状況でなく、ただただ漕ぐのみ。なんとか先行してゴール。とはいえ、ここはネット計測ですからこの頑張りが順位に反映されるわけではないと思っていたのですが。

下山後のリザルトを見たら、同タイム6位と7位で入賞ラインが分かれた。6位滑りこみでした。


しんごろう、じゅうねんアイス。至福である。

去年も見かけて気になってた女装の方々、「えすかるご」、の方々です。風の抵抗ありありのフリルの可愛いミニスカートで、太もも見せながら上っておりました。ついお声がけして写真を撮らせてもらいました。どっちが女性かわからん。ありがとなっし。

私も猫ちゃんユニットを作りたい(と、言ってみただけ)。しっぽつけたらホイールに巻き込まれるからね。安全性がね。

表彰式と副賞など。レインマンさんに残ってもらって、写真を撮っていただきました。ありがとなっし。

食べ物ウェルカムですが、起き上がり小法師など、消えないアイテムがあると思い出に残っていいね。貧脚なので、人生最後の表彰台かもしれない。

次のイベントはツールドさくらんぼです。人生最大の獲得標高を乗り越えて、生きて帰れるのか謎です。

55分12秒
13.63km, 570m, 14.8km/h, 心拍計誤作動, 125 watt

今週も連休だから, It is two-day holiday

10連休中に3.5日出社して台無しにするような奴。旅行にでも行かないと仕事が心配で休みが取れないの何なの。

とはいえ、今週も土日お休みですから。

多分、獲得標高最大のライドは、リチャードさんとヘレンさんに連れてってもらった福島県南部周遊コース。
http://f-eastwind.link/archives/165

さて、ツールドさくらんぼのグランフォンドコースを、よくよく考えないで申し込んだら、以下の通り。

距離136.1km、最大標高差711m
平均斜度 上り:4.3% 下り:4.5%
獲得標高 上り:2,027m 下り:2,031m

にせんって見たことない数字なんですが、、、

DNFが頭をよぎりますが、仮想ツールドさくらんぼとして、御霊櫃峠と布引高原コースを設定した。風弱く、暑くも寒くもなく、ロングライドにはよい日和。

御霊櫃峠へ。なのですが、高篠森林公園のお手洗いに寄ろうと思ったら閉まっててまず出足を挫かれる。仕方ない、上るしかないなー。と全力は出さないようにしてほどほどの力で上る。今日はコースが長いのでがんばったらいけない。

猪苗代湖南岸は補給ポイントがないのでおにぎり2つ、羊羹1つ、SoyJoy1つを詰め込んでいるので、荷物も重たい。

微妙に調子が悪くて今日はダメな日だなー、引き返そうかと頂上で思案。ついでに写真。

そんなところに、後続の2人組が上がってきてご挨拶したら引き返すのがみっともないので、えいやと、猪苗代湖側にダウンヒルせざるを得ない。

花桃きれー。

そして猪苗代湖が見えるこの場所が好き。

下りてしまったからには先に進まねば、でイナイチとは逆の右回りで南へ向かう。舟津へのショートカットの道に進んでから、高低差があるのではと考え直して294号の道へ戻る。

とはいえこちらも地味に上ったり、下ったり、トンネルがあったりの数km進んでやっと風の高原左折箇所へ。

ここから10kmほどありますが、最初の4kmは平坦です。6kmで500mほどの標高を上る恐ろしいコースなので3年に一度くらいしか来てませんでした。(こら)

しかも直登が多いのでなお心が折れる。一応ラップを取ってみる。右折まで、ゲートまで、赤津のカツラまで、頂上駐車場奥側入り口まで(Stravaは風力発電看板がゴールでした)。

6.2kmだよーとゲートに表示があるので、400mトラック15周、15周と頭で唱えながら上る。遅いので虫がいつまでも付いてくる。それだけでなく、ハンドルに停まって休んでた奴もいた。ひどすぎる扱い。

道の端にはまだ残雪があったりして、冬の雪深さを想像します。

このコースの勾配は、ゆる、きつ、ゆる、きつ、ゆる、きつの順番です。特に最後の1kmは、風車が見えていてゴール間近の気配なのになかなか前に進まない鬼の設定。

晴れてても視界が今ひとつでしたが、磐梯山が見えた。飯豊山は肉眼でもはっきりしない。

桜、まだ咲いてる。雪も少し残ってます。

(前回は開いてなかったのだけど)売店があったので、肉! のフランクフルトを食べながら、店主にいつ売店は開いているのですかと聞いたところ10月中旬までとのこと。基本は土日のみ。7月8月のひまわり期間は平日も開いているとのこと。自分用にメモ。

展望台までは石ころの道を3,4分。クリート付きは辛いが行ったことがないので上ってみた。

那須連山、二岐山方面。

そして周回路をぷらぷらと走りながら写真を撮る。横から見ても風情ある。

足元から頭上を眺める。重量感のある風切り音。そして地上に羽の影が来ては去る。

簡易トイレだったのがソーラー発電で常設トイレに変わっていました。これは嬉しい。

帰りに赤津のカツラの写真を。これほどの巨木は珍しいと解説板にあった。

そして、猪苗代湖に戻る前、布引高原の北におにぎりの形をした山があって、これが気になってしかたなかったのを写真に収める。歩いて登ろうとしても、勾配がすごそう。

帰りは楽な三森峠から。諏訪峠はまだ通行止めの表示だった。

そして距離と獲得標高を見ると、、、ツールドさくらんぼに足りなかった。

右足裏に(ランの時にも出てくる)モートン病のような神経痛が出てきた。シューズを脱ぐとすぐに治るから大丈夫かなぁ。

107.3km, 1989m, 19.9km/h, 136/176bpm, 74 watt

シーズン初登山、じゃなかった, This is not the first time this year

ツィッターに、今年初とか書き込みしてしまったが、すでに初日の出と4月に足利近辺の山に登ってた。福島の山は初ですね。

10連休の怠惰な8日目は大滝根山へ行く。スタッドレスタイヤをやっと取り替えてのドライブ。

自転車に乗りたくない病に唐突に罹ってしまったため。さて、残り2日は何をしよう。

ヤマレコ。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1828637.html

8.2km, 637m

ペダリング試行錯誤, Trial and error of pedaling

平成から令和への10連休ですが、いろいろとサボっているうちに7日目になりました。
ずっと外乗り仕様で、でも気が乗らなくて、ローラー台もしなかった。

去年もGWに行った片曽根山に行きましょう。西風予報で東に行くのが気が進まないのですが、往路は楽です。

昨日より空気が霞みがかってる(昨日はランをしてしまったー)。

三春に行くたびにペダリングについて考えながら短い坂のインターバルを上っている。今度こそコツを掴めたと思うの100回目くらいでしょうか。

滝桜は葉桜ですが、さすがに連休で人が多い。菜の花はまだ咲いてます。

磐越道脇の菜の花畑。きれい。

さらに坂を上ったり下ったりの平坦のない道を進んで、船引に到着。

麓のファミマで、羊羹補給したら落としてしまった。急にバイクが倒れそうになって押さえたらその反動で。悲しいー。あとは、頂上で食べる分のおにぎり2個をサドルバッグに押し込めて、重さを増してから登ります。

年に一度しか来ないと、辛さを忘れてしまう。Strava区間では3.36km, 258m, 平均8%。

気温は適温。夏の上下にアームウォーマーとレッグウォーマーでちょうどよい。木陰もあるので暑くないコースだ。

リピートなしです。これから帰るのに坂がたくさんあると思うと憂鬱なので。

西を眺める。

展望台、去年まで存在を知らなかった。北の方面の安達太良山が見える。

アンテナたくさん。

去年はツツジが終わりだったけど、今年はまだ早すぎた。

暖かくてのんびり。家族連れがお昼を食べながら。ガチ登山の人が来る山ではないし、有名な観光地でもないのでここはいつものんびり雰囲気の場所です。

帰りの滝桜。写ってませんが、午前よりも人が多くなってました。ささっと離脱。

ちょっと足を伸ばして(10%の上りがあるからなかなか行かないのだけど)久々の不動桜。

誰もいなかった。落ち着く。

道路からも少し離れているので、風の音がするばかり。こういう時、一人でロードバイク乗ってるの贅沢だと思う。どのみち一緒に来る人はいないけど、静寂を味わうなら一人だ。

まだちょっとだけ花が残ってる。

石仏さまも、お久しぶり。お互い元気にしてました。


Strava区間は、交通量のある街からスタートだったのは知らなくて油断。昨年の2秒遅れ。
自分で勝手に計測してる区間の公園看板からだと、昨年の10秒短縮。残念、誤差程度にしか速くなってなかった。

片曽根山 23:12 Strava区間 
     22:00 公園看板から
74.3km, 1112m, 17.6km/h, 136/173bpm, 72 watt

平成の最後に 2019 郡山シティーマラソンに行ってきました, The last marathon race in Heisei

他のハーフと比較してあんまりよいタイムが出ない郡山です。高低差と風と暑さかな。しかし、どのレースであっても2時間10分切りを目指す、それが私の目標。

起床時47.6kg。八ヶ岳より1kg減の、昨年同日よりも200g減。いや、誤差か。青は朝の実測値、赤は7日間平均値。一喜一憂しないための平均値は重要です。

会社行事でもある郡山シティーマラソン、ことしはハーフに20代1名、30代1名の若者男子が名乗りをあげたので、会社記録保持危うし。早々に結果明かすと、タイトル奪われました。しょぼーん。

ここはサブトラック。

競技場のゲート。スタート地点はもっと手前でトラックの中です。

3時間前に卵かけご飯一膳、食欲なくて困った。7時40分出発の8時到着。サブトラックで4周のアップのあと、参加記念品のTシャツをもらって、ぶらぶらしてたら、社長を含む会社メンバーに会って写真を撮ってもらうなど。今日は猫耳と猫しっぽを装着し、代わりに軽量化でアームカバー類なし、タイツなしのランパン生足を試してみた。

40代管理職がこんな格好してたら引くかもしれん。新人は特に慣れてないしなぁ、、、

日差しがあるので寒くはない。8時で12℃。スタート時16℃。ゴール時18℃

風は南風、郊外に出ると突然強くなるいつものパターン。

スタートがわからなくてタイマー押し遅れのうえの操作ミスで数十秒ずれてしまった。

気をとりなおしてさくら通りを西へ向かう。ちょっと風を感じる。申告タイムに誤りはないが、抜かすのにややストレスを感じるので、来年はちゃんとブロック分けの前の方に早めに行こうと心に誓うのであった。

猫の格好をしていても往路は混雑してるので、普通の応援を受けます。(猫が効くのはバラけた後半)

例年より気温が低いので呼吸は楽、、、のはずが3.2km第一給水所でいきなり気管に入ってむせる。ちょいとダメージ。だが、淡々と5分台を刻める。しかしいつも後半の崩れがひどいので、このタイムをそのまま計算して皮算用をしてはダメなのである。

高速をまたぐ橋の上りが辛い。速い人にばしばし抜かされる。この後の逢瀬公園手前の坂を越えられるのかと心配。

この後の太鼓応援はいつも心強い。田んぼあぜ道の、ツールドフランドル的位置どりは今年も失敗して、ちょっと渋滞のストレス。ここに入る前に、並んで友達同士で走っている人がいたら抜かしたいのだけど、その実力がない。

往路復路で経路が異なるところで先頭はすでに通過していた。どんだけ速いのか想像つきません。

ゆるっと下る道をさらに西に向かい。第二給水所で今度はむせずに給水できたところで、黒猫ちゃんのneko隊長とすれ違って、嬉しくなってハイタッチ。(四捨五入の五十肩)切り捨て四十肩が右肩で出ているみたいで、痛い。年齢ってヤツなのか。

左に曲がって7.5%、距離400mと紹介されていた急坂を上る。やっぱり抜かされる。一応、坂で無理をして消耗するのは避ける方針で。上りきると向かい風の南風との戦い。そして折り返しまで、いつものロードバイクコースなので距離はわかるのだが、自らの脚で走ると全くスピードが違うのでほんと遠い。

ほぼ12km地点の折り返し点のオブジェは、係の人が抱きかかえてずれるのを身を呈して防いでいる。蹴られそうで大変なお仕事です。ありがたいですわ。

第三給水所はパス。第四との距離が短いため、そして追い風にホッとしながら走る。ペースはあんまり上がらない。急な下りはそれはそれで脚を消耗させる罠。

第四給水所で給水したらだらっとした坂を上る。東南に向かっているので向かい風気味になって辛い。早く左折ポイント現れろーと思うのだけど長いんだ。左折したら先行してた弊社20代男子が歩いてるのを見つけた。がんばれよーと声をかけてさっさと抜く。ええ、これ勝負ですから。(股関節が痛くなってしまって、歩いたり走ったりしながらなんとか完走。来年もハーフリベンジしますと言ってたので、ホッとした。嫌になってしまうかと心配した)

この辺りから応援してくれてる人たちに個別にアピール開始する。「ねこー」って言ってくれる子供がほんとありがたい。

高速を再度またいで残り5km地点でちらと時計を見たら、予想通りのタイムじゃないか。これ2時間10分を切れるのではと欲が出てきました。の、タイミングで右足指がつる。ここで変に歩いて意識すると余計ひどくなりそうなので、我慢して走る。15秒くらいで治る。

そして再びのさくら通り。ここまでくれば、あと4kmを、「あと少し」と勘違いしてしまうのが毎年のダメなところ。緑の手袋した学生たちのグリーンゾーンをタッチしながら通過。去年、こんな名前があったかな? でも嬉しい趣向です。

遠くに見えるは東京靴流通センターの看板。なかなか近づいてこない。ほんとーに近づいてこない。憎たらしいほどに近づいてこない。辛。

第五給水所と今年から新設の第六給水所はパス。2時間10分切りが見えたので、時間優先。時折日が陰るから暑くはない。残り3kmで、今度は左足指がつる。これも騙して走っていると15秒くらいで治る。ゴールまで持つのかと恐々とする。

遠くに見えるは市役所の建物。なかなか近づいてこない。ほんとーに近づいてこない。憎たらしいほどに近づいてこない。辛。

どーにかこーにか、競技場のトラックに戻って、1/3周くらいでゴール。タグを外そうとしたら、またも足がつる。どこかミネラルの摂取にアンバランスがあるんだろう。冬のローラー台の後に結構、足指をつってしまう癖があるんだけど、暖かくなると自然と治るので油断してた。

完走証をもらって、にっこり。目標時間クリアできました。

去年まで酷評だった郡山シティーマラソンですが、今年はかなり改善された様子。スタッフ、ボランティアの皆様、ありがとうございました。

追記 痛みメモ:翌日、階段降りるのに大腿四頭筋に痛み。翌々日、少し痛み残る。日常生活に支障なし。だんだんランの身体になってきた?

21.26km, 90m, 6:00/km, 172/190 bpm
公式グロス 2時間8分18秒
公式ネット 2時間7分4秒