3回できるといいのだけど, I wish I could do climbing repeats 3 times .

三連休最終日。暑い予報なので4時起きを試みて挫折。6時半起床。

御霊櫃峠は辛そうだから諏訪峠、2回リピートでいいでしょうと、向かいます。思ったより日差しがなくて曇りの日。今日はロング日和ですかと途中で気づいたのですが、諏訪峠通行止め情報の確認もしなければの使命感。

体重、とても重い。夏になると自然に痩せたのは若い頃の話で、今は食欲ばかりでだめだ。

諏訪峠#1 13分57秒 2.95km, 156m, 12.7km/h, 165/174bpm, 101 watt
諏訪峠#2 14分08秒 2.92km, 150m, 12.4km/h, 163/172bpm, 104 watt

キャリブレーション失敗だろーな低さ。この後、キャリブレーション再度して、いつもの値に戻った。

通行止は9月末まで。(註)私の言う諏訪峠は2車線区間のこと。本当の峠のピークはもっと奥深くにあります。熊出そうで怖いんだよね。

3回リピートしないと御霊櫃峠相当のボリュームにならんのですが、疲れたので帰りまーす。

ヤマユリ、アジサイ。

近くの大滝川砂防ダムに寄り道。釣りの人がいるだけの静かなところ。

反対側が人里です。見えませんけど。

今日の雲は粒立ってるというか、ちょっと趣ある。秋を待ち焦がれるー。鯉の養殖池ポイントで那須岳背景の写真。

お腹減りすぎ問題で、須賀川に遠回りしてパンの木リアン。だから痩せない。

暑くなくて、公園でもぐもぐと。

著者近影。セルフィーは左手主義だとこの角度になる。今日は新しいジャージ。Endura(XSサイズ)、腕周りのフィット感がSportfulと比較してちょっと劣るかな。背中が白なので夏にはいいだろう。汚れ目立つだろうけど、黒系は真夏は無理っす。

62.1km, 634m, 20.8km/h, 138/174bpm, 70 watt

魔女の瞳, The pupil of the witch

自転車サボって山ばかりですね。大丈夫、平日にローラー台してるから。

福島県在住16年にして、やっと行ってきた、一切経山、東吾妻山、(と吾妻小富士)。

めちゃくちゃ癒される青い水面です。なんですかこの楽園感。

ヤマレコの方に詳しく書いてます。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1522015.html

11.6km, 684m

ニッコウキスゲの季節, Season of day lily

福島県在住16年にして、やっとニッコウキスゲの季節に行ってきた、雄国沼。なんですかこの楽園感は。

ひとつの茎から4つくらいしか花が咲かないように見える。一日花の儚さよ。

2012年の喜多方ヒルクライムの試走と応援以来の訪問(でも、金沢峠から見ただけで沼まで下りなかった)。

出発が遅くなってしまって、13時頃から雷に追いかけられて帰路はトレイルランニング状態でした。

アプリのジオグラフィカの使い方にもっと慣れねば。

ヤマレコ記事をシェアします。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1511539.html

12.3km, 701m

予定とは破られるために, Ride doesn’t always go as planned

八方ヶ原にエントリーしたので試走に行こうかと思って、土曜の晩に自転車もシューズも車に積んだ。しかし、日曜の朝に目覚めて、あまりのダルさにやめじゃと車から引きずり下ろしました。もしかすると試走しないでぶっつけ本番かも。ブルーラインも車坂峠も、富士HCも試走しなかったし。

だるいんで、行き先決めずに家を出る。お金忘れた、、、引き返す。

また出発する。一日走れる気候は6月までかな。白河に行こうかと南下。しかし、天栄村で今年も例のソフトクリームの企画をやっているのだろうかと、確認しちゃったんですね。

やってる。ということで白猫号と写真を撮る。峠に向かいます。予定? なにそれ?

上り始めてすぐ左側に睡蓮の池がある。この季節に来たことがなかったためか、今まで気づかず(帰路の写真)。きれいだ。

と、上り始めたわけですが、暑くて汗ダラダラになった。途中で工事中の交互通行になってて、おっそい私が突入したものだから、上りの車も下りの車も止められて、すみませんな状況でありました。無散水消雪区間、お約束の死亡モード。12%表示。

どうも途中からいつもより遅れている自覚はあったのですが、PBから3分落ちという失態。30分のコースで3分ってすごい差である。さらに、途中から気分が悪くなってたので、ソフトクリーム食べる余力がなかったのでくるりと引き返し。予定とは?

セブンイレブンで塩キャラメル氷バーをかじってから帰宅。あと滅多に買わないコーラ買ってみた。ボトルに入れ替えて揺らしながら進むと、飲む瞬間にボトルから噴出するのか、知らなかったよ。(予想しなさい)

白いフレームに茶色い点々がついて悲しくなったので、もうコーラは買いません。いや、すぐに飲めばいいんだけどね。

それにしても今日は暑かったものの夏を感じる美しい晴れの日でした。こんな日がちょうど休日にあって、自転車に乗れるのは貴重です。

鳳坂峠 35分27秒 5.44km, 387m, 9.2km/h, 171/176bpm, 133 watt
73.5km, 739m, 20.6km/h, 143/176bpm, 81 watt

鳥海山もつれない, Loveless Mt.Chokai

6/17の記録。2日目。俺たちの鳥海山ハイキング。ひとりですが。

道の駅象潟から、朝6時くらいの風景。素敵に光が差し込んでる。風車のシルエット。飛島。

昨日のブルーラインにかほ側をまた車で上ります。今日は風景が見えるので、途中で停まりながら。

鉾立よ、私は帰ってきた。ま、2日間出走の方々も帰ってくるんですけどね。

前に来た時、
http://f-eastwind.link/archives/156

Kharmaで記念撮影した場所。

Kharmaで来たのは2013年8月。雪がない。

鳥海山頂は往復7-8時間なので、それは敷居が高い。鳥海湖までの4時間コースを予定。出発5分後、いきなりちょっとだけだが斜面に雪。これ道なのか? とにかく空いているので誰にも聞けず恐る恐る進む。

滝が近い。絶景だ。

山形側の景色。海岸線がくっきり。

シラネアオイと教えてもらった。なんて美しい紫。

皆アイゼンもつけずに雪渓を上っていくのですが、安全第一でアイゼンをつけて雪渓を進む。振り返って鉾立駐車場と秋田側の風景。仁賀保高原の風車もよくみえた瞬間があったが、写真にうまく写ってないな。左側には渓流の音。

さらに下ってまた上る、また雪渓。ピンクの布帛が先端についた棒を頼りに進むのだけど、ふと気づくと、足跡がなくなった。と、後ろの人が大声でコース違うよと教えてくれました。つい直進してしまったのだけど、振り向いたら左に大きく曲がるところにピンクの布がひらりと、危うく迷うパターン。一応GPSのアプリのジオグラフィカを連れてきたんだけど。iPhoneのバッテリーの持ちが悪いのであんまり起動してなかった。登山とランの兼用になるガーミンとか欲しいなーとは思う。

ここから先は石の並んだ足場の良いところを上って御浜。鳥海湖は雲が立ち込めてて何にも見えず。

花を観賞するのみ。ここで地図を見るともう少し進んだところにピークがあるので、そこまで進む。御田ヶ原という場所。岩場の合間の花が綺麗。祠ポイントまで。すれ違ったご夫婦が、雲が晴れれば新山(鳥海山)が見えるよーと教えてくれたのですが、だんだんと雲が増えて今日もつれない鳥海山である。もうちょっと先とか考えずにここで引き返し。

帰りの雪渓前で先ほどのご夫婦と会う。アイゼンをつけながら、山は3戦目でこれは今日初めて使うものですからなどと話す。追い抜いて雪渓を戻る。霧が濃くなってきて相変わらず先導者はいないしで、一回来た道ではあるけれど、ちょっと不安である。どうも霧が濃いポイントとそうでないポイントがあるようだ。

土の道まで戻ってきたらひと安心。写真を撮ってた女性と5分くらい話しながら下る。鳥海山の天気とか、混むシーズンとか。今頃はそんなに混んでないらしい。山頂はまたの機会に行けるかな。

鉾立に戻る。最終下山のバイクが並んでる。積み込みを食堂でご飯を食べながら眺めてましたが、慎重に時間をかけながら毛布に包んでた。コースは長いし、このエントリー費で下山のサービスがあるのは充実だ。

鶴岡まで移動。山頂が見えた。お主もつれない奴よのう。

おまけはクラゲ。加茂水族館は撮影してもいいところでした。

山レコからコース図を拝借。最後から2個目の■で引き返してます。