ソフトクリームが待ってる, Soft-serve ice cream is waiting for me

TL上で鳳坂峠の上り口にある看板を見かけた。自転車で上ると、道の駅羽鳥湖高原でソフトクリームが半額になるって内容だった。来週も再来週も予定があるので、今週は行かなきゃーと、峠の麓まで過去最速で到着していました。

この看板、場所がトリッキー。お店の駐車場の少し奥まったところにあるので、郡山から鳳坂峠に入ろうと信号右折するとなると、絶対に目に入らない死角。白河方面からだと、道の反対側になるから目に入らない確率高そう。

2個半額にできたのか、、、撮影に一所懸命で気づかなかった。
「君は、生き延びることができるか」©️初代ガンダム の韻を踏んでるのかなぁ。

上りまーす。ここは距離は短いのだけど、平均勾配7.1%で、足つきしたい気持ちとの戦い(一応、まだついたことはない)。そして、今日はパワーメーターが電池切れそうな表示で怪しい。いつもよりパワーが高いものだから、絶対にPB更新でしょ? と頂上に着くと、1分30秒落ち。がーん。

落ち込みは一瞬で、景色がとても綺麗なので癒されます。
やっぱり会津方面、猪苗代方面の自然は素晴らしい。

道の駅はまだまだ先。我慢して湖を半周した先です。

お店のお兄さんにタイムを聞かれたんだけど、私、上り区間でしか測ってないから、よくわからない。TVの企画で普通のママチャリで上った方の話を聞いたのですが、2時間ですって。ママチャリは無理です!

さあ、半額(150円)のヤーコン味をいただきまーす。でもヤーコン自体が味があんまりないみたいで、普通のバニラ味ですね。

次の目的地はベーグル屋さんのこなから。

実は11月下旬から、自身を実験台にしてグルテンフリーしてた。自転車乗れない時期だったので、パン屋巡りもせず、ラーメンも食べずで(でも揚げ物の衣とかは許してた)半年経過したのですが、、、冬にしもやけにはかからなかったくらいだけど、因果関係不明。花粉症は花粉が少ないから症状が軽かっただけのように思うし、特に利点を感じられなかった。

晴れて、パン屋さん活動を開始します。

お店の奥様とお母様は、私を覚えててくれて、またもおしゃべりしてしまいました。こなから、のパンは道の駅羽鳥湖高原でも買うことができます。こちらの本店は日曜と祝日しか開いてません。でもこの雰囲気がとてもよいので、ぜひ、本店のイートインコーナーで食べることをお勧めします。

チーズとあんこ、各一個買って、イートインコーナーで一個食べてから湖南に抜けるために、馬入峠に向かいます。最後の1kmちょっとが10%近くの坂が多くて辛い、、、路面は悪くないけど、交通量がないからちょっと怖い。

下りは楽かと思ったら雨降ってきて一気に寒い。今日は風が冷たくて上り坂以外は、ほぼウィンドブレーカー必須でした。湖南側は一層暗くて、杉並木の鬱蒼とした道、そして雰囲気のありそうな神社があるので、立ち寄って写真を撮るなど。

だんだんと猪苗代湖に近づいて平地になったら雨が上がった。峠だけ雲が立ち込めていたみたいです。

振り返って布引高原発電所の風車。風車群の足元まで上る道はあるけど、音がすごいので、麓から見上げた方が牧歌的な雰囲気があって、素敵に見えます。

久々の長距離、やっぱりサドルに慣れてなくて痛くなってしまい、帰路は一番難易度の低い三森トンネルから。

鳳坂峠 33分48秒 5.61km, 401m, 10.0km/h, 168/173bpm, 139 watt
98.4km, 1270m, 19.1km/h, 136/173bpm, 81watt